MENU

Czecho No Republicのボーカルベース・武井優心が、絵本の翻訳に初挑戦した。

武井が翻訳を担当したのは、チェコで20世紀前半に活躍した絵本作家ヨゼフ・チャペックの「こいぬとこねこはいつも一緒 おいしいケーキを焼いたお話」という絵本で、2度の大戦の中でも戦争の悲惨さとは無縁の、平和でほのぼのとした内容だ。

絵本は、6月2日(土)より川崎市多摩区にある「チェコのアニメと絵本の店」で販売を開始し、サイト「チェコ・チェコランド」でのネット販売は6月末からを予定している。絵本の魅力を伝える大役を任された武井は、以下のように語っている。

武井優心 コメント

今回初めて絵本の翻訳という素敵なお仕事をさせていただきました。
初めての経験で、分からないことだらけなのでどうなるかと思いましたが、
登場するこいぬとこねこの表情、空気感を見ていたら、自然と言葉が聞こえてきました。
これは歌詞を書く作業にも通じるものがありました。
この絵本は、チェコで活躍した絵本作家ヨゼフ・チャペックのものですが、
“チェコ”つながりでお仕事できたことにとても感動しています。
こいぬとこねこ。
ふたりの持つ空気は可愛くて温かくて、少し間抜けで愛らしい。
そんなふたりの魅力を自分なりに表現出来ていたなら幸いです。
絵もとてもかわいいので大人も子供も楽しんでもらえると思います。
是非、手にとって読んでみてください!

リリース情報

アットアームズのチェコの絵本
「こいぬとこねこはいつも一緒 おいしいケーキを焼いたお話」

2018.06.01 ON SALE
¥1,200(税抜)

関連リンク

Czecho No Republic公式サイト
Czecho No Republic公式レーベルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!