MENU

1997年、活動休止直前にシングルのみで発売され、現在まで中古市場で高値で取引されている小沢健二の幻の名曲「ある光」が、21年の時を経て初めて配信される。

「この線路を降りたら全ての時間が 魔法みたいに見えるか」という歌詞はその後の小沢自身を予見しているとも言われ、8分16秒に及ぶファンキーなリズムの上に、歌詞、メロディー、ギターサウンドが密度高く構築された、90年代の小沢サウンドの集大成とも言える一曲。

また満島ひかりを迎えた初回配信・エピソード1が大好評のApple Musicオリジナルコンテンツ「Tokyo, Music & Us 2017-2018」第2弾も2月2日より解禁される。

今回のエピソード2では、峯田和伸(銀杏BOYZ)が登場。エピソード1の東京湾に浮かぶ屋形船を改装したゴージャスなセットから、今回は一転して下北沢の小さなスナックが舞台。カリスマ的な人気を持つ2人の大人の男が、語り合い、街を歩き、高架下に用意されたステージで熱くセッションする。

曲は峯田からのリクエストで、幻の名曲「ある光」。なんと「ある光」の発売日は、峯田の20歳の誕生日だったと言う。

番組の特色である小沢の朗読は、峯田からのキーワードを受けて書かれた、「説明屋さんがやってくる」と題されたもの。歌詞をめぐって、街をめぐって、恋愛をめぐって、2人の興味ぶかい会話が続く。

また、2月14日(水)にリリースされる「リバーズ・エッジ」(原作・岡崎京子)の書き下ろし映画主題歌『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』の胸を打つ歌詞が、どのようなメロディに乗って世に放たれるのか、まもなく全貌が明らかになるのでこちらもお楽しみに。

Apple Musicオリジナル番組

日本初のApple Musicオリジナルシリーズ番組『Tokyo, Music & Us 2017-2018』好評配信中。番組では小沢がホスト役となり、趣向を凝らした豪華なセットに豪華なゲストを迎え、朗読と対談、そして音楽のセッションをする。
日本初のApple Musicオリジナルシリーズ番組『Tokyo, Music & Us 2017-2018』好評配信中。番組では小沢がホスト役となり、趣向を凝らした豪華なセットに豪華なゲストを迎え、朗読と対談、そして音楽のセッションをする。
Tokyo, Music & Us 2017-2018

配信情報

「ある光」(JFK 8’16” Full Length)
iTunes Store / Apple Music

関連リンク

小沢健二公式サイト
小沢健二特設サイト
銀杏BOYZ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!