MENU

神戸出身の3人組ロックバンド・The fin.が、前作1stアルバム『Days With Uncertainty』のリリースより3年3ヶ月振りとなる2ndフルアルバム『There』を3月14日(水)にリリースする。

本作はバンド拠点をロンドンに移してから初めてとなるロンドンレコーディングされたアルバムとなり、London Dean Street StudioにてプロデューサーにJamiroquai、Passenger、Alt-Jのプロデュースや、Radiohead のミキサーで知られるBradley Spence、そしてマスタリングには前作『Days With Uncertainty』同様に、Beach Fossils、Wild Nothing、Washed Out、Warpaintなどのマスタリングを手がけているJoe Lambertを起用。収録曲はデジタル、ストリーミングですでに公開され、国内外のSpotifyやストリーミングサービスで話題となった「Afterglow」「Pale Blue」「Heat (It covers everything)」「Outskirts」の4曲、そしてロンドンにて再アレンジ・ミックスされた「Through The Deep」など全13曲の作品となっている。

そして、3月より新作アルバムを引っさげて6ヶ国19公演のアジアツアーがアナウンスされた。 日本は4月4日(水)より、福岡・大阪・名古屋・東京・札幌の全5都市でワンマンライブが決定しており、本日1月11日(木)正午より公式サイトにて先行予約の受付がスタートしている。

リリース情報

『There』
2018.03.14 ON SALE
初回盤 ¥3,300(税込)
通常盤 ¥2,500(税込)

[収録曲]
01. Chains
02. Pale Blue
03. Outskirts
04. Shedding
05. Afterglow
06. Missing
07. Height
08. Heat (It Covers Everything)
09. Vacant Sea
10. Through The Deep
11. Snow (again)
12. Late at Night
13. Alone in the Evening (1994)

イベント情報

“The fin. Tour 2018”

関連リンク

The fin.公式サイト
The fin.公式Twitter
The fin.公式Facebook
The fin.公式SoundCloud

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!