MENU

元最終少女ひかさのボーカル・但野正和のニュープロジェクト・DOUBLE SIZE BEDROOM(ダブルサイズベッドルーム)が、初のMV「まるくなった」を公開した。そして、DOUBLE SIZE BEDROOMの初のライブが行われる12月2日(土)の翌日、但野正和のソロワンマンライブを開催することが決定した。

今回のMVの撮影&制作は、カメラマン・アヅマコウジが担当。彼は、最終少女ひかさの最後のMV「ハルシオン」も手がけた監督。今作は、ライブ会場限定で、販売されるCD『nippon』からのリード作品「まるくなった」。MVの内容は、リハーサルスタジオで暴れながら演奏する3人。DOUBLE SIZE BEDROOMは、3人組なのか?と思っているとすべて演奏しているのはボーカルの但野正和。楽曲はジェットコースターを登るような高揚感があるストレートなロックでありながら、彼らしいソングライティングとアレンジが発揮されている作品。詩の中にも彼らしい今の時代を切り取ったメッセージが伝えられている。

DOUBLE SIZE BEDROOM / 「まるくなった」

イベント情報

但野正和ワンマンライブ“翌日”
2017.12.03(日)札幌REVOLVER
OPEN 19:00 / START 19:30
ADV ¥2,000 / DOOR ¥2,500(ドリンク代別)

関連リンク

DOUBLE SIZE BEDROOM公式Twitter

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!