MENU

リコチェットマイガールが、7月1日(水)にリリースするニューアルバム『ランドリー』から「ターミナル」のMVを公開した。

このMVのディレクションは、リコチェットマイガールの「エスケープ」や「雨が降っている」などの映像も手がけた森岡千織が担当している。MVにはバンドメンバーのほか、数々のバンドのMV作品にも出演しているモデル・瀬戸かほが出演。バンドのシュールな演奏シーンと彼女の演技、そして稲荷直史(Vo/Key)の表現する歌詞の世界観にも注目してほしい。

リコチェットマイガール / 「ターミナル」

また、同MVについて稲荷直史(Vo/Key)、モデル・瀬戸かほ、監督・森岡千織の3人からコメントが届いている。

稲荷直史(Vo/Key)コメント

出来上がったMVを初めて見た時、「ほんとにこれ僕らのMV?」ってくらいイメージを遥かに上回るものになっていたので、とても驚きました。かほさんの超絶ステキっぷりと森岡さんのセンスと、あとはドラムの大内の頑張りですかね・・・。良い物に仕上がっていると思います。
この曲はランドリーというアルバムの最後の曲で「辛いなあ、暗いなあ」と言いながらも進んで行く日々の未来が明るいといいなあと言う想いで作りました。いや、ほんとに。明るいといいですよね。

MV出演キャスト 瀬戸かほ コメント

疾走感がありながらもさらっと“失くすこと”について歌われていて、自分と改めて向かい合わなきゃならないと思わせてくれる曲でした。

MVディレクター 森岡千織 コメント

毎度テーマをズラしながら繋いでいく内容なのですが、今回はかほさんを迎えてまた新しい挑戦しております。かほさんは本当に不思議で、ただ儚くてアンニュイな表情が魅力なだけではないのです。目が合うと「?!」という矢が飛んできます。他にも稲荷さんたちのあんな顔やこんな顔をたくさん詰め込んだのでじっくり見て欲しいです!

リリース情報

2ndミニアルバム『ランドリー』
2015.07.01 ON SALE
¥1,667(税抜)

[収録曲]
01.さよならも言えなかった
02.待ってる
03.スペア
04.夜更けてく前のライダー
05.未来
06.目をみて話せたら
07.ターミナル

ライブ情報

“何かのツアー2015”
2015.07.09(木)
東京・下北沢CLUB Que
2015.07.13(月)
宮城・仙台FLYING SON
2015.08.02(日)
福岡・薬院UTERO
2015.08.05(水)
京都・二条GROWLY
2015.08.07(金)
広島4.14
2015.09.06(日)
群馬・高崎clubFLEEZ-Asile
2015.10.15(木)
東京・???(ツアーファイナル:後日発表)

関連リンク

リコチェットマイガール公式サイト
リコチェットマイガール公式Twitter
リコチェットマイガール公式Facebook

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!