MENU
1 2 3 4 5

次はもっと純粋なラブソングが作れる

――突拍子もないアイデアとか、無理してチャレンジしたわけではなく自然体で鳴らせている音だから、今までのファンが聴いても多分すんなり入っていけるだろうね。

要司どういうものであれ、極端なものでなければLHSになる。そういうことを改めてわかったかな。

――自信を深めた。

要司深めましたね。それと同時にもっと新しいこともできるなって、次も違うことができると。

――これができたからこその次が見えてきた。

要司今回のミニアルバムのテーマに“ポップネス”って柱があって。もう一つは今までラブソングっていうのがなかったけど、今回はほとんどラブソングになっていて。誰かがいる、横に。俺だけの気持ちの歌じゃなくて、もっと聴く人の心に直接触れられる曲ができて。前までずっと「共感なんていらない」ってずっと言ってたんだけど、そういう意識じゃなくなってきたんだなって。そうじゃないともう近くにいる人、手が届く人にしか届かない、今までのやり方だと。もっと俺たちをわかってもらうにはもっと遠くまで届くようなものを作らなければならない。それって何って言ったらやっぱりこういうこと、ラブソングなんだなって。それがすごく表現できて。

――昔はこっ恥ずかしかった?

要司ものすごく。「何が好きとかよー」とか。勝手にやってろよみたいな。

――聴きもしなかった?

小林要司(Vo/Gt)

要司でもね、聴くのは好き(笑)。だけど次に何ができるのかと言ったら、「もっと純粋なラブソング作れるよね」っていう気持ちにもなっているんで。「眩暈」はちょっとグルービーで跳ねてたりするから普通じゃないところはあるんだけど。次はもっとミドルテンポでド直球なバラードもできるんじゃないかな、これができたら。そういう自信はすごく付いた。

――今作のタイトルもそういう流れですね。付けたのは?

要司俺です。“DOXY”は“愛人”とか“恋人”っていう意味で。なんか恋愛遍歴というと言いすぎだけど自分の経験してきたことであったり、誰かが経験したことを消化してアウトプットして書けたなって思っていて。前まですごくお客さんっていう存在を突っぱねていた部分があったけど、音で引っ張れるというか面と向かってやり合える。歌で引き込める、そういう作品ができたかな。

お前ら(ファン)が味方だってわかってる

――そして今作を持ってツアーで全国を回り、ファイナルは今までで最大規模のワンマン“渋谷CLUB QUATTRO”ですね。

要司十周年でワンマン・ツアーやったときに東京以外でワンマンやるの初めてだったんです。そこで、お客さんの熱量っていうのを肌ですごく感じることができましたね。後ろで腕組んでる奴いないし(笑)。

――腕組んでてもいいじゃん(笑)。俺めっちゃ腕組んでるよ。

要司まあ俺もなんだけど(笑)。でもワンマンは表情が違うね、思いっきり気持ちぶつけてきて、めちゃくちゃ熱い。勿論いいライブもできたんだけどなんかうれしくて。すごくいい経験になったから、超やって良かったと思って。前からわかってたはずなんだけどちゃんと認識できたのは初めてなのかな、ワンマンに来るお客さんてみんな味方なんだなって。対バンのときってやっぱり俺たち喧嘩売るからさ。ノッてなかったら「何しに来たんだお前ら、なめんじゃねーよ」みたいな。

――(笑)。

要司「ぶっ飛ばすぞ」っていう気合いで。でもワンマンって違うなと。そんなこと言わなくても一挙手一投足に反応してくれて、俺たちもすごくリラックスできてやれるし緊張感もある。そんなに俺たちのことを大好きで見に来てくれているやつらを、絶対に楽しませてあげなきゃいけないっていう緊張感。俺たち今までもワンマンをやってきたけど、俺たちがお客さんを信用してきてなかったのかな。みんな盛り上がってたはずだけど俺たちだけ肩肘張って、「俺たちはこうだから、不良だからさ。ぶちかますからよろしく」って感じだったんだけど、別にそんなこと言わなくていいって。(言わなくても)知ってんだもん(笑)。「よく来たな、楽しんでいけよ」って言って始めればいい話なんだけど肩肘張ってた。でもそれが違うと気づかせてくれたのは前回のワンマンツアー。お前ら(ファン)が味方だってわかってるから、俺たちは最大限自分たちの好きなことやるから。間違いないお客さんが来るのはわかっているから、俺たちも間違いないライブ絶対にできる。それは証明できているし、その熱量を思いっきり放出できる場所にしたいですね、ツアーもQUATTROワンマンも。

小林要司(Vo/Gt)

――楽しみにしています。最後にこれだけは聞いておきたいんだけど……“力(チカラ)”ツアーやめたの?(彼らはツアーのタイトルに○○力とつけることを恒例としていた)

要司おっと(笑)。知ってるからなー、“力”ツアーの存在。もう“○○力”ないんだよ(笑)。

――単純にネタ切れ? 以前“力”ツアーやめるとき解散するって言ってたからさ(笑)。

要司ネタ切れだよ(笑)。ワンマンツアーが“破壊力ツアー”ってタイトルだったんだけど、ずっと“破壊力”使いたくて。使えたから最終回(笑)! 10周年という区切りで“破壊力”という言葉を使えたから、次はもう『Sweet Doxy』と共に新しくしていこうと。だからもう(“力”ツアーは)やらないよ。復活するかもしれないけどね。

――ネタが思いついたら。

要司そうだね(笑)。

ライブ情報

2014.10.11(土) 札幌KRAPS HALL
2014.10.12(日) タワーレコード札幌ピヴォ(インストアライブ)
2014.10.12(日) HMV 札幌ステラプレイス(インストアライブ)
2014.10.13(月) MINAMI WHEEL 2014
2014.10.17(金) 名古屋・池下CLUB UPSET
2014.10.18(土) 広島4.14
2014.10.20(月) 岡山CRAZYMAMA 2nd Room
2014.10.23(木) 福岡Queblick
2014.10.29(水) 横浜F.A.D
2014.10.31(金) 大阪Zeela
2014.11.01(土) タワーレコード広島(インストアライブ)
2014.11.07(金) 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
2014.11.08(土) タワーレコード仙台パルコ(インストアライブ)
2014.11.09(日) タワーレコードイオンレイクタウン(インストアライブ)
2014.11.15(土) 渋谷CLUB QUATTRO(ワンマン)
2014.11.18(火) “ツタロック・フェス2014 Vol.2”

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤 啓太
  • 伊藤 啓太
音楽好きの家庭育ちの次男。某CD屋からスタートし事務所、ライブハウス、音楽誌、流通、イベント制作と渡り歩いた業界屈指の決定力のない器用貧乏。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。