MENU
1 2 3 4 5

新しいアンセムができたんじゃないかな

――今作に収録されている曲は全て新しい曲?

要司基本的には新しい曲。2曲目の「Jealous」と最後の「眩暈」はこのアルバム用に作った曲ではないです。「Jealous」はもう何年も前の曲で、曲選考しているときに今作のテーマはなんだっていう話になり“明るくてポップでだけどロック”。自分では難しいなと思ったけど、「じゃあ曲作ろう」ってなったときに「そういえばあの曲あったな」って。それでアレンジと詞はガラッと変えて入れたら、テーマにも完璧に沿っているしバシッとハマって。「眩暈」は元々俺が弾き語りだけでやっていた曲。バンドでやる予定はなかったし歌詞もまったく違う歌詞で。選考のときにこんなのもあるよってくらいの意味で持っていったら、今のサウンドプロデューサーの河崎さんが「これ入れてみよう」って言って。バンドでまったくやったことのない曲だから、どうやればいいのかもわからず若干戸惑ったんだけど、コンセプトは合っているから入れてみたらしっくりハマりましたね。楽曲面では一番実験的な曲に仕上がったかな。

――逆にいちばん最後にできたのは?

要司最後は5曲目の「POISON」かな。でも同じくらいの時期に1曲目の「トワイライト」ができて、同時くらいですかね。

――「トワイライト」とかライブでやってみて、反応どうでした?

要司やっぱり反応良かったですね。「なんだこの曲?」っていう顔にお客さんなっていたし。新しいアンセムができたんじゃないかなってそういう反応が伝わってきました。

――確かに今までリーチできなかった層に響かせることができる振り幅の広さのある楽曲ですよね。後は“瞬発力”。今までLHSっていうバンドは決して瞬発力のあるバンドではなかったと思うんです。腰を据えて向き合って重く響くバンド。そのバンドが見せた瞬発力のパワーをすごく感じる。

要司そう思ってくれているのがすごくうれしい。今回の6曲というのは早く仕上がったというかあまり煮詰まるということがなかった。特に「トワイライト」に関してはいちばんスピーディーに仕上がった、歌詞についても。もう頭の中にあったのかな。曲ができた時点で出だしの“二人は”っていう歌詞が頭の中にあって。曲自体もすぐにできて歌詞もスタジオで仮歌入れるからバッて書いて歌ったら満場一致ですごくいいと。だから勢いとか感じるのかもしれないですね。

――リリースされた後の反応すごく楽しみじゃないですか?

要司うん、すごく楽しみ。後「Stand by you」っていう曲は今の新しい俺たちをうまく表現できているから、今の進化した俺たちの代表曲になるのかなと。それで「トワイライト」は今までの俺たちのやってきたことの延長線上、それの最高傑作。だから2つの柱がミニアルバムの中にあって、そういう作品ができたのはすごくうれしいし。自分たちが思っていたことが実現できたのはすごいことだなって思ってます。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤 啓太
  • 伊藤 啓太
音楽好きの家庭育ちの次男。某CD屋からスタートし事務所、ライブハウス、音楽誌、流通、イベント制作と渡り歩いた業界屈指の決定力のない器用貧乏。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。