MENU
1 2 3 4 5

心がだんだん変わってきた

――なるほど。そして昨年2ndアルバム『in the dark room』をリリース。同じように伺いますがこの作品はどんなアルバムでしたか?

要司あのアルバムは曲調だったり音質だったり、俺たちの根底にある“ロック魂”それを余すことなく発揮して。テーマとして“重たい、暗い、渦巻くグルーブ”っていうのがあって、それを忠実に再現できたアルバム。歌詞の面で言うと前作で見つけた自分のスタイルを織り込みつつ、その言葉遊びだけじゃ表現できない部分をもっと自分の言葉で書けるようになりましたね。

――具体的にはどんな部分だろう。

要司もっと伝わるようになってたのかな『in the dark room』の歌詞のほうが。最後の曲の「I’m in time」っていう曲が、アルバムを作るために書いた曲ではなくてすごく昔からある曲で。今回「ちょっと入れてみよう」となって。俺は正直ちょっと「いや、これは今回入れたくないな、世界観壊れてしまうんじゃないかな」って思ったんだけど。それを入れこんでみたらすごくまとまったアルバムになって。その曲はアルバムの中でいちばんメッセージ性の強い歌で、なんか心がだんだん変わってきたのかなと。他の曲に関しては……実は『HIGH VOLTEX』で掴んだスタイル“言葉遊び”で日本語で書いているのにお客さんには英語で聴こえているっていう本末転倒なことが起きていて。

――確かにそう聴こえる楽曲は多かったですね。

小林要司(Vo/Gt)

要司「この曲日本語で歌っていたんだ?」っていう意見がけっこうあって。盛り上がるしそのときは良かったけど「それってどうなの?」って思いはじめて……「それって結局英語で書いているのと変わんねーじゃん」って。そういう気持ちがあったから『in the dark room』の歌詞は言葉遊びはしつつだけど何を言っているかわかる歌詞を意識した。それがいちばん変わったところかな。

――英語の楽曲からスタートして日本語、言葉遊び、そしてもう少し輪郭がくっきりした歌詞。その変化につれてボーカルスタイルも変わったと思いますけど、それはメンバーの間でも何か話し合いましたか?

要司やっぱりいちばん言われたのは歌詞。「もっとわかりやすくしないと聴こえないよ?」「何言ってるかわからなかったら意味ないじゃん」って。そこは3人が3人そういう意識で。多分そのとき初めて「もっと歌を聴かせるべきだ」っていう気持ちが芽生えたかな、3人とも。だから歌詞に対してもそういう意見が出てきた。俺も歌に対して、言葉をはっきり歌うということに対しての歌い方、それもどんどん自分の中で変えていったりして。『HIGH VOLTEX』よりもっと感情的に歌えるようになったんじゃないかなって思う。

正直な話“今”の流行りの音ではまったくない

――自分もすごく好きなアルバムです。『in the dark room』という名前が象徴しているように、キッズが溢れ変える夏のフェスの匂いは一切しない。夜と地下室と酒の匂いがする高純度のロックアルバムですよね。

小林要司(Vo/Gt)

要司『in the dark room』の音、俺は本当にすごいと思っていて。正直な話“今”の音、“流行り”の音ではまったくない。レコーディング・エンジニアに山口さんっていうエンジニア界の生ける伝説的な人がまさか録ってくれたんだけど。「全然EQ使わねー!」とか「マイキングだけで全然違うじゃん!」とか衝撃の連続で。すごくこだわって録って、すごくいいんだけど……。

――この作品のリリースを『HIGH VOLTEX』よりも待ってくれてた人の数は格段に増えたと思います。長く活動してきたとはいえ前作からLHSを知った人のほうが多いだろうからね。そんな状況の中でこの作品をリリースして返ってきたリスナーの反応はどうだっただろう。

要司その当時、すごく賛否両論あって俺たちは“間違いなくカッコいい”って思っているから出しているんだけど、なんか今までと違う反応で。「歌が小さい」とか「こういう録り方でいいのか」とか言っている人がいて「何言ってんのこいつ“本物”知らねーな」とか思って。だけどなんかそのときに“あれ?”と。“ズレ?”というものを少しだけ感じて。そこでブレるまではいかなかったけど、これが終着点じゃない、こういう意見があるならまた新しい作品作れるなって思えて。でも今作がかっこいいっていうレスポンスは俺たちのやってる音楽は間違ってないんだなって感じた。スゲー渋いアルバムになっちゃったのかな。

――思いのほか。

要司思いのほか(笑)。すごくいいアルバムなんだけど、渋いな。「これって音楽ほんとに好きな人じゃないとわかんないんじゃないか、もしかして」って(笑)。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤 啓太
  • 伊藤 啓太
音楽好きの家庭育ちの次男。某CD屋からスタートし事務所、ライブハウス、音楽誌、流通、イベント制作と渡り歩いた業界屈指の決定力のない器用貧乏。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。