MENU
1 2 3 4 5

最近ライブでやり始めてから後半の展開に自分でグッときちゃったんです

――なるほど。メンバー個人個人のアルバムの中で気に入っている曲を教えていただけますか?

山本僕は3曲目の「遠くへ」ですね。この曲ができたときにシングル・カットできるくらい良い曲ができたなと僕は思ったんですね。詞の感じも彼(加藤)らしさがすごく出ているなっていうのもありますし、今のdeidを印象付けるにはもってこいなんではないのかなと思いました。だからアルバムの最初のほうに持ってきたいっていう気持ちもありました。

――詞の話が出ましたが加藤さんの詞って今よりも“あの頃”が描写されていることが多いですよね、それは意図的に?

加藤そもそも詞を書く行為が苦手で、あまり言葉が出てこないんですよね。自分が詞を作るときにいちばん大切にしているのはリズムで、鼻歌でなんとなく浮かんだ言葉を軸にバッと出来たりとかあって。伊藤さんが言った“あの頃”っていうのは自分でもそうだなって思いますね。

――アルバムの中でいちばんスラスラ書けた曲は?

加藤多分「acty」がいちばん早く書けましたね。なんでかと言うと短いから(笑)。短い詞が好きなんです。

――なるほど。では佐藤さんの好きな曲を教えてください。

佐藤雄希(Ba)

佐藤僕は「さがしていた」ですね。展開とメロ、後は自分のベースが気に入っています。

一同おお(笑)。

佐藤音数が少なくて全員集中しているような曲のほうが、自分がやるのは楽しかったりします。

加藤修行みたいな曲な。

佐藤はい(笑)。キラキラしている曲もリスナーとして好きです。

荒川僕も3曲目の「遠くへ」がいちばん好きですね。実は作っているときはそんなにピンときていなかったんですよ。逆に作っているときにいちばんいいなって思っていたのは「バス停」とかなんですけど。最近ライブでやり始めてから後半の展開に自分でグッときちゃったんですよね。

僕の実はダウナーなキャラだぜっていうのが滲み出ている

――では最後に加藤さんは?

加藤うーん、なんだろうな……でも11曲の中でいちばん好きなのは俺は「さがしていた」。もちろんどの曲も好きなんだけどこの曲に関しては入り込みやすいんですよね。さとちゃんが今言ったみんなでやっている感とか、ライブで思ってて。そうなった瞬間がすごく気持ちいいっていうか。僕の実はダウナーなキャラだぜっていうのが滲み出ている、この曲に。

荒川ニヤニヤしながら言うことじゃない(笑)。

加藤比較的最近の曲だっていうのもあるかもしれないですけど、その曲がいちばんピンときていますかね。

――今回挙ってきませんでしたが、やはり今のdeidを象徴する楽曲として「acty」の持つ存在感ってあると思うんですけど、メンバーの中ではそれを感じることはありますか?

荒川慎一郎(Gt)

荒川メンバーの誰かが前に言っていたんですけど、曲が自分たちの元からお客さんのほうに渡ったという話をしていて。

加藤正直こんなに認知してもらえる曲になるとは作ったときには思ってなくて。それこそ作ったときにはアニソン作る感じでキャッチーな曲を作ろうってなって。リフはハモってかっこいいからここからシンプルなコード進行にして、メロ付けて展開付けて。どのタイミングでみんながこう盛り上がってくれるようになったのかなって今考えてたんですけど。一時期ライブをやっていなかった時期があって。それが明けてから最初のライブで「acty」をやったらすごく盛り上がったんですよね。なんでだろうね。

――以前からやってたんですよね?

加藤全然やってた。音と感じが見てくれていたお客さん好みだったのかなあ。ライブでは毎回やっていたので来てくれていたお客さんが覚えてくれていたっていうのがあって、今みたいになっていったのかなとは思うんですけどね。なんだろうね。

荒川今思ったんですけど、昔はうるさい曲が多かったじゃないですか。最近歌メロに移行してそのうるさかった音を残しつつ歌がたっているからかな。

――そして最後の「約束」これはアルバムを締めくくるのに相応しい、スロー・テンポで叙情的な楽曲ですよね。

加藤これがいちばん新しい曲です。ライブでも数えるくらいしかやっていない曲ですね。「最後っぽい曲作りたいんだけど」って僕が言って作ったのがこの曲で。個人的にはうるさくではなく、しんみりじゃないけど静かに終わりたいっていうのがあったのでこの曲を最後に持ってきました。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤 啓太
  • 伊藤 啓太
音楽好きの家庭育ちの次男。某CD屋からスタートし事務所、ライブハウス、音楽誌、流通、イベント制作と渡り歩いた業界屈指の決定力のない器用貧乏。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。