MENU
1 2 3 4 5

それでdeidとして成立するなら良いかなって

――「合言葉」は確かにアルバムの中でもいちばんテンポが緩くて叙情的な楽曲ですよね。個人的にはこのアルバムでいちばん好きです。楽曲のベースは加藤さんが作るんですか?

加藤誠(Vo/Gt)

加藤俺がネタを投げてそれを組む。わりとイメージできている曲もあればリフしかできていない曲もあったりとか。いろいろなパターンがあるけどベースはだいたい僕です。それを「こういう風にして」ってわがままを言って、そこからみんなが我を出す。そういう感じが多いですね。

――我を出すという話が出ましたが、各々プレイヤーとしての我はどう出していきますか? 例えばdeidのギターはすごくハーモニーがきれいだなと思うんですけど、「めっちゃ速弾きしたい!」とかそういう欲求出てきたりしないんですか?

荒川僕ほかに2つ(シガレットケース、VELTPUNCH)バンドをやっていて、そういうなかでやっていると弾きたくてしょうがないというかそういう欲求なくなるんですよね。

加藤散々弾いてるからね(笑)。

荒川それが逆にすごく良いことだなと思ってます。deidでそんなに速弾きする必要ないなってちゃんと考えてからそういう結果にいけるし。最近は誠のイメージに近づけたいとかボーカルのイメージに寄せつつ弾きつつっていうのを出したいなって思いますね。最近そんなに(プレイに関して)言わないよね?

加藤言わないし、俺もそんなに言わないよね。基本的に言わないんですよこいつ(荒川)には。こういうの弾くでしょっていうのがわかるし、たまに違ったときに言うくらい。もっと音少なくしてほしいとか逆にもっと動いてほしいとか。基本的にドラムとベースにはこうやってってわがまま言うけど、こいつは基本放任なの。

――言われる立場の人としてはどう?

佐藤それでdeidとしてして成立するのであれば良いかなって。

deid

――めっちゃいい奴じゃん(笑)。佐藤さんはブラック・ミュージック好きですし、たまに「すごいチョッパーいれてーなー」とかそういう欲求ないんですか?

佐藤チョッパー、家ではすごい練習とかしたりします。

加藤家ではバッチバチにスラップやって、deidではシンプルに(笑)。(佐藤は)元々ギタリストなんですよ、だから俺よりギターうまいんです。俺と荒川は元々ベースだったんですよ。俺は途中でギターのほうがモテるっていってギターに変えて。さとちゃんは逆にdeidがベース探しているからベース弾くかってなって。

――ではdeidでベースを始めたんですね。例えばほかにバンドをやりたいっていう欲求はないんですか?

佐藤興味はあるんですけど、ちょっと2つもやるのはめんどうかなって。

加藤隣に3つやってるやついるけど(笑)。

荒川なんとかなるよ。

だいたい俺がわがまま言って俺の考えにさせるんですけどね(笑)

――山本さんは?

山本健悟(Dr)

山本佐藤くんが言ったそれでdeidになるのであればそれでいいんじゃないかっていうのは同意かな。

加藤(山本は)一番真逆の意見言ってくるから、すごい楽曲が俺よがりにならなくて済むんです。いちばんこういうほうがいいんじゃない? って意見をくれる。俺も最初“あん?”ってなるけど、それを踏まえてやりとりするのは悪くない。こいつ(荒川)よりはもっと遠くで曲を見てくれるし畑が違うってのもあっていろんな意見をくれる。荒川とは好きなことしかやれなくなるから。俺も言いたいこというけどその辺りはバランスとれてる気がする。

山本良いのか悪いのかわからないんですよね。今までやっていたジャンルとは違いすぎて。deidでは“普通”Aという展開が普通なところが僕のいたジャンルだと“普通”Cだったりして。ベースがまったく違うので。新鮮な発見をすることがよくありますね。

加藤だいたい俺がわがまま言って俺の考えにさせるんですけどね(笑)。でもそういう意見があったほうが良いしバンドだし。それで曲作るの大変なんですけど、9割大変だけど1割楽しいんで。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤 啓太
  • 伊藤 啓太
音楽好きの家庭育ちの次男。某CD屋からスタートし事務所、ライブハウス、音楽誌、流通、イベント制作と渡り歩いた業界屈指の決定力のない器用貧乏。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。