MENU
1 2 3 4

常に全方位から新しい音楽を浴びている私、DJクロマティーゆうや(@kuromaty_yuya)が5年間ライブに通っても未だにドキドキしてしまうバンド、GEEKSTREEKS。彼らが結成9年にしてようやく1stフルアルバム『GEEKSTREEKS』をリリースした。なぜ今なのか? なぜこんなに時間がかかったのか? 楽曲全ての作詞作曲を手がける河野泰之(Vo)にインタビューを敢行。プライベートでも仲が良い私にしか訊けないことがある。

[メンバー] 河野 泰之(Vo)
[取材・文] クロマティーゆうや
[写真] 鈴木“もぐら”悠太郎

『GEEKSTREEEKS』ってタイトル以外は考えられなかった

――改めて向かい合って話すと小っ恥ずかしいね(笑)。まずは1stフルアルバム発売おめでとうございます。アルバムのタイトルがバンド名でもある『GEEKSTREEKS』だけど、それはバンド結成から決めてたの?

河野 泰之(Vo)

河野いや、決めてなかった。今回アルバムの収録曲が決まったときに今のメンバーだけで作った曲がないことに気づいて、どの曲も元メンバーが関わってできた曲達なんだよ。そしたら『GEEKSTREEEKS』ってタイトル以外は考えられなかった。

――そうなんだ! 好きなバンドの影響かと思ったよ。だって歌詞カードが縦書きなのがそうでしょ?

河野そう(笑)。eastern youth。

――結成9年で1stフルアルバムか。収録曲の中で一番新しいのと古いのは?

河野「東京ポータビリティー」が一番新しくて古いのは「フラストレーション」かなー。

――「フラストレーション」は初期からの曲だけど飽きてたりはしないの?

河野飽きてないよ!!!(笑) 自分の曲だもん!! でも、話してて思ったのがよく “1stアルバムにしてベスト盤” ってのがあるけど、これこそまさにそれだよね! だってもうストックないのよ! 出し切った! だから今、ツアーファイナル終わって燃え尽きないように曲をちょー作ってる。

――確かにね。曲作るときはどうしてるの? やっぱメロディって降ってくるの?

河野 泰之(Vo)、DJクロマティーゆうや

河野ないないないない!! “降ってくる”とか言ってる奴はバカ。

一同: (爆笑)

河野あっ! でも、ワンフレーズぐらいはあるかも(照)。

――じゃあ歌詞は?

河野歌詞はメロディとは別に作るのよ。俺はAメロもBメロもサビも全部別々。それを無理矢理くっつけるのよ。だから「アリス症候群」とかはコードを知ってる人からすると “何この展開!?” ってなるみたい。教科書的なことわからない。

――でもその転調がDJ泣かせでもあるし、DJとしてたまらない部分でもあるよね(笑)。それも含めこの一年はDJでもすごい使われるようになったし、DJからのライブオファーも増えたよね。

河野それはやっぱり「ピストル・ディスコ」や「TOKYO BOOTLEG」に出会えたのが大きい。でもなんでだろうなー。

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
クロマティーゆうや
  • クロマティーゆうや
ROCK DJ集団ピストル・ディスコの責任者兼DJ。宜しくお願い致します!2015年2月28日、TSUTAYA O-EAST公演開催決定!!!→特設サイト
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。