MENU
1 2 3 4 5 6

グッバイフジヤマの良さをCDにうまくパッキングできた

――“それいけフジヤマ係長”はやばいなぁ(笑)。じゃあそろそろ新しいCD『ひばりくんの憂鬱ep.』の話をしよっか。率直にできあがった感想は?

中山今までで一番納得できる音源ができた! 「ホント いいCDができたな~」って思ってる。

――それは、どうして?

中山単純に良いメンバーと良い演奏ができたからかな。そして今のメンバーが大好きだから(笑)。めちゃくちゃ仲良いんだよ!

中山卓哉(Vo/Gt)

――それはライブを見ていてひしひしと伝わってくるよ(笑)。

中山今回収録してる4曲って全部新曲で、今のメンバーで初めて作った曲なのね。演奏は以前の曲に比べると難しいことをしている部分もあるんだけど、最初に自分が思い描いていた曲のイメージをそのまま形にできてる。それをみんなに届けることができてうれしいよ。

――確かに「ひばりくんの憂鬱」とか曲調が激しく変わったりするし、メンバーそれぞれの楽器が前に出てくるというか、耳を惹くよね。

中山コピーするのとかすごく難しいと思うよ(笑)。今のメンバーはめちゃくちゃ演奏がうまいから、音楽やるのが楽しくてしょうがない。たぶん、その感じは最近のライブで滲み出ちゃってると思うんだけど、楽しい時ってみんな笑顔になっちゃうじゃない? そういう今のグッバイフジヤマの良さをCDにうまくパッキングできたんじゃないかなって思ってる。バンドっていいなってこのCDを制作してあらためて思った。

M.1「This is pop!」

毎日の退屈を なくしてあげたい

――バンドとして最高にいい状態で作ることができたってことだね。それでは早速一曲ずつ聞いていきたいんだけど、まずは1曲目「This is pop!」。

中山この曲はグッバイフジヤマというバンドのことを表している曲かな。「俺たちはポップだ!」ってね。最初の歌い出しで「君とね 僕はね わかりあえない」っていう歌詞があるんだけど、これは「他のバンドとはわかりあえません!」ってことを表現している。「周りに何を言われてもやりたいようにやる! それがThis is pop!だ」っていう、ただそれだけを歌った曲。

――それ、考え方はポップじゃなくてロックだよね(笑)。何を言われても関係ねぇってことでしょ?

中山そうかな(笑)。バンドをやっていくうえで一番実現したいことは、ライブを見に来てくれたり、曲を聴いてくれる人の毎日の退屈をなくしてあげたいっていうのがあって。ただ、曲の感じ的にはグッバイフジヤマぽくないかもしれなくて、それはWiennersの影響を受けてるかな (笑)。曲調の少し早い曲を作りたいなって思いがずっとあったから、ようやくそれができた曲。

中山卓哉(Vo/Gt)

――『ひばりくんの憂鬱ep.』というタイトルだけど、この曲を一曲目に持ってきた狙いはある?

中山録る曲が決まったときに「この並びしかないな」ってすぐに思えた。そういう最初の直感っていうのは絶対なんだと思う。変に考えて並べるよりもね。

――じゃあ曲順に関しては全く悩まなかったんだ?

中山この並びでいこうってすぐに決まった。理屈じゃないんだけど、曲もそうじゃない? 「なんでこんな曲書けるの?」って言われても自分でもわからない。だって書けちゃったんだから。そういうことっす(笑)。

――メンバーも意見は一致したの?

中山メンバーは賛成してくれたんだけど、スタッフからは3 曲目の「あの日の僕等に会いに行く」を一曲目にしようって言われたから 「絶対無理!! 」 って拒否した。全力で拒否した! それぐらい曲順にもこだわりがある。

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。