MENU
1 2 3 4 5 6

ロックバンドというフォーメーションで、自分たちの愛すべきヒップホップを惜しみなく鳴らすAlaska Jam。楽曲やリリックの随所で遊びながらも、敬愛するアーティストへのオマージュや、純粋なメッセージをダイレクトに表現したサウンドが実に痛快なバンドだ。そんな彼らが、7月にリリースした2ndミニアルバム、『MELLA MELLA HERO!!』。“メラメラと燃えるヒーロー”……そんな熱いタイトルが冠された今作には、2012年発表の1stミニアルバム『HELLA HELLA GOOD!!』をさらに進化させた、個性溢れるキラーチューンが満載。その全貌をあらわにするべく、フロントマンの森 心言(Vo)にたっぷりと語ってもらった。彼が “ヒーロー”に込めた思いも明らかに。

 

[メンバー] 森 心言(Vo)
[取材・文] 遠藤孝行
[編集] 松井恵梨菜
[写真] 鈴木“もぐら”悠太郎

 

不必要なことを真面目にやるのが好き

――最初にライブでAlaska Jamを観たときは、モノマネがちょっと衝撃だった。もちろんライブもだけど(笑)。レパートリーは増えた?

森 心言レパートリーは……増えてないですね(笑)。あ、今しずかちゃん(「ドラえもん」)を練習してます。意外としゃがれ声な昔のしずかちゃん。

――聞きたいなぁ。

心言いいですか。「あはは、のび太さんったらおっかしい〜!」

一同あはは!(爆笑)

森 心言 (Vo)

――似てる!(笑)すごいね! でも、これだけモノマネができたら学生時代は人気者だったんじゃない?

心言人気者かどうかはわからないですけど、モノマネはずっとやってました。先生のモノマネばっかりやってましたね(笑)。

――手品も得意だもんね。

心言凝り性なんですよね。不必要なことを真面目にやるのが好きというか。それがなくても生きていけるじゃんっていうものをやりたくなる。

――そのなかで、音楽に目覚めたきっかけはなんなの?

心言小学校3年生のときに、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を観たのが、いちばん最初のきっかけ。主役のマイケル・J・フォックスが、ダンスパーティでギターを弾くシーンを観て、痺れて。

――「ジョニー・B.グッド」を演奏するシーン。

心言そうです。それで親にギターをねだったら、親も音楽が好きだったから買ってもらえて。学校では、掃除の時間もほうきをギターみたいに持って弾いてましたね。女子に「男子ー!」って言われながら(笑)。もう、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が大好きすぎて、テスト用紙の裏にデロリアン(車型タイムマシン)を描いたりしてました。

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
遠藤 孝行
  • 遠藤 孝行
2005年新宿の老舗ロック・バー「新宿ROLLING STONE」のオーディションを受けDJ活動をスタート。翌年下北沢CLUB QUEにて第一土曜日開催されるロック・パーティ「Freak Affair」に加入。現在は野外パーティ「Willy」、「NEW ACTION!」でもDJを務める。2011年からrockin'on主催の「ROCK IN JAPAN FES」、年末に行われる「COUNTDOWN JAPAN」にも出演。リアルタイムの洋楽ロックを中心に年代、ジャンルを問わずPLAY。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。