MENU
1 2 3 4

7月20日、満員の渋谷clubasiaにて行ったツアーファイナル・ワンマンライブ“Little crown #1”を大成功に納めたsumika。彼らが6月に2作連続で発売したシングルの中には、sumikaの前身バンドであるbanbi時代の楽曲「未来」が収録され、ライブでも披露するようになった。ファンを驚かせる大胆な挑戦、そこに込められた彼らの意思とは――。そのフロントマン片岡健太(Vo/Gt)に憧れ、同時に嫉妬するというクロマティーゆうやが彼の胸中に迫る。

[メンバー] 片岡健太 (Vo/Gt)
[取材・文] クロマティーゆうや
[写真] 鈴木“もぐら”悠太郎

ピュアな童心をお酒なんかで汚しちゃいけない

――健太くんという人間を語るうえで欠かせないエピソードがあって、何かのタイミングで「健太くん! この日飲みに行きましょうよ!」って言ったら、「ごめん! その日は仲間と机を作るんだ! わりぃ!」って言われたのね。そのとき、「あー、この人のピュアな童心をお酒なんかで汚しちゃいけないな」って思った(笑)。

一同(感心)

片岡いや、あの日はたまたまだよ!(笑)ちょっと作業机を一から作ろうってなってて。

――DIY精神だ。効率とか上がるんすか?

片岡超上がった!! もう自分の欲しいところに穴あけてさ、配線とかきれいにまとめてってね。

banbiの頃とは違う着地点

――6月にリリースした、『Dress farm #1』と『Dress farm #2』。この2枚のシングルはどういう基準で収録曲を選んだんですか?

片岡健太(Vo/Gt)片岡定期的に選曲会議はやっていて、価格設定自由っていうのだけは先に決まってたんだけど、実はミニアルバムにしようかっていう案もあったんだ。でも、伝えるタイミングをひとつでも多くしたいし、CDを出して、ツアーして、ファイナルをやって終わりっていう感じで風化させたくなかった。一度CDを出して、それからライブしてる最中にまた次のCDの話ができて、また更にCD出してってやれば、伝える機会というか、口実が増えるかなと思ったんだ。

――『Dress farm #2』の2曲目にはbanbi時代の曲が入ってますね。

片岡sumikaを始動するときから、banbiの曲をやるかどうかっていうのはずっと話し合ってたんだ。でも、普段の30分のステージでbanbiの曲をやっちゃうと、新しいモノを表現するための時間が足りない。だから、sumikaというものを確立させてからじゃないとbanbiの曲はやれないと思った。やっぱり名前を変えてまで新しいモノをやるって決めたのに、sumikaの表現から始められないと、それはbanbiの延長線でしかないからね。

――でも、なんでbanbi時代にCDになっている「未来」を選んだんですか?

片岡sumikaでやったらbanbiの頃とは違う着地点になるっていう自信があったから。だから「未来」をsumikaの代表曲って言われるくらいにしたかった。

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
クロマティーゆうや
  • クロマティーゆうや
ROCK DJ集団ピストル・ディスコの責任者兼DJ。宜しくお願い致します!2015年2月28日、TSUTAYA O-EAST公演開催決定!!!→特設サイト
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。