MENU
1 2 3 4 5 6

tonetoneというバンド名の由来

――ところで、tonetoneというバンド名。覚えやすくて親しみやすい、良い名前ですよね。由来はなんですか?

田村バンド名がぜんっぜん決まんなくて! バンド名決定会議をしたんだけど、元々、森野くんが「スター・ウォーズ」が好きで、「スター・ウォーズ」みたいな名作映画は登場人物の名前もしっかりしてるよなっていう話になって。じゃあそこから決めようか! ってなったんだよね。

――「スター・ウォーズ」(笑)。

田村“トーントーン”っていう氷の惑星に住むラクダみたいなのがいて、他のメンバーはこれで納得してたんだけど、俺は“なんかダセェな”と思って。結局、そのときtonetoneの案は流れたんだよね。

田村友昌(Vo/Gt)

――1回流れたんですね!

田村その会議から3ヶ月くらいバンド名が決まんなくて、途中“THE THEATERS”っていう候補もあったんだけど、やっぱりダサくて……(笑)。そこで“tonetoneっていうのあったな”って思い出して、知り合いに相談したら好評で(笑)。

斎藤tonetoneは書いたときの語呂が良かったしね。

田村本当は、“tauntaun”っていうスペルなんだけど、俺がスペルミスしちゃってそのバンド名に。かっこいいでしょ? 理由が(笑)。

――要は、スペルミスしてtonetoneになったと(笑)。

森野でも3ヶ月の間、忘れ去られたかと思いきや、実はメンバーの頭の中にはtonetoneが残っていたという……!!

田村トーンって音みたいだしね。まぁ、そんなラフな由来!

仙台での初ライブを終えて「ようやくライブができた」

――無事に(?)バンド名も決まり、初ライブを仙台で実施。田村さんはオリジナルのバンド形式での活動が約半年ぶりだった訳ですが、感想を聞かせてください。

田村超ワクワクした。弾き語りのおかげでひとりでもグルーヴが出せるようになって、自信満々で臨んだら、“初めてバンドでめっちゃ良い歌を歌えてる”って実感できて、バンドやれて良かったなって思った。

――気持ち良さそうに歌ってるな~と、客席から観てても感じ取れました。他のメンバーの感想も聞かせてください。

森野このバンドを組んでから初ライブをするまで約7ヶ月かかったから、“ようやくライブができた”という感じかな。

田村長かったよね……。

森野光晴(Ba/cho)

森野長かったね……。それまでライブがなかなかできなかったから、そのフラストレーションを解放することができたライブになったかな。

仲宗根俺はバンドに誘われてから入るまでの期間が短くて、“本当に本番大丈夫かな”って思ってた(笑)。でも、すごく良いライブができたという自信はあります。

斎藤自分のエゴを押し通した曲もあったし、とにかく曲に自信があって、例えるなら“自分で解いた刀の切れ味を試す”みたいな(笑)。

一同おお~!!

斎藤みんなに早く曲を届けたいと思ってたから、無事に終わって良かったと思った。たくさんのお客さんが物販に並んでCDを買ってくれたのも、すごく嬉しかった!

――それはtonetoneを初めて聴いた人が“このバンドいいな”って思って買ってくれたんでしょうね。

田村CDって相当好きじゃないと買わないと思うから、「良いものが届けられているな」っていう自信がついたよね。

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
いしぐろとも。
  • いしぐろとも。
音楽に頼って生きている女子大生です。新宿の黄色いレコード屋さんでアルバイトしてます。よろしくお願いします。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。