MENU
1 2 3 4

最終的な目標は、sui sui duckっていうブランドなんです

――ライバルとか、目標とかの話を聞かせてもらってもいいですか?

渋谷いちばん倒したいのは今の自分たちの現状ですね。「オシャレなミニマルポップ」の枠にきれいに収まってるバンドだなっていう。まだ「ノーマル」の範囲に留まってるので、「アブノーマル」を目指したいです。『THINK』は全体を通してきれいに、よくできた感はあるんですけど、最終的な印象を破壊しきれなかったというのはありますね。

高橋きれいなだけだと、そのままきれいで終わっちゃうから、ちょっとしたズレとかエグみのようなものを加えられるとフックになってくれるんじゃないかなと思います。

渋谷次の次のアルバムぐらいの展開はもう見えていて、ガラッと変わってロックなバンドになってると思います。そこに現在の印象を落とし込む、というのがまず目標ですね。「オシャレで聴きやすいんだけど、すっごいロックじゃない?」っていうところにいきたいです。デモはもう出来上がってるんですけど。

高橋めちゃめちゃ良いんですよそのデモが! 最初に聴かされたときビックリして。渋谷が「ロックにしたい」ってずっと言ってたんです。それでどんなものを持ってくるのかなと思ったら、ちゃんと現在のsui sui duckの空気感を残しながらロックになってて。

渋谷The Chemical BrothersのSetting Sunみたいなところにいくと思います。ケミブラって90年代のダンスとロックが混ざりあったときの化身じゃないですか(笑)。彼らに影響を受けたアルバムになると思います。

――いつのまにか次々作の話になっててスピード感すごいんですけど、次作はどんな感じですか?(笑)

渋谷次の作品はすでにほぼ出来てて、sui sui duckってこういうバンドだよ、っていうのをバーンと出して、原点回帰とポップさが感じられるアルバムになってます。

高橋『THINK』収録曲のデモが出来たのが今年の2月くらいなんですけど、アートワークも含めた今後の展望の話はその前からずっとしてたんです。だから自分たちとしては、もう話し尽くした感があって(笑)。

渋谷今年の頭の時点でそこまでのビジョンを描いていたんです。だから今はもう次の次のことを考えてます。ケミブラとか、BOOM BOOM SATELLITESくらいブッ飛んだ音にしたいです。初めて聴いたとき衝撃でしたから……あれを追いたいですよね。

渋谷バンド名、単語3つで響きも似てますけど、ただいかんせん僕ら名前がかわいいんで(笑)。もっとかわいく、ファッショニスタがやってるバンドって感じにしたいです。来年はロック・ポップ・エレクトロの3つを押し出して、トレンドに乗るんじゃなくて、発信する。「こういうスタイルもかっこよくない?」みたいな。

高橋今ってトレンドは多様化してるじゃないですか。どれが最先端っていうことではないような気がして。どれが新しいとか古いとかじゃなくて、選択肢が増えているなかで1個のブランドとしてsui sui duckがあってもいいよね、っていう。

渋谷最終的な目標は、sui sui duckっていうブランドなんです。服の展開とかもしたいくらい。来年に向けて服飾関係の人も集めようとかも考えています。もっと面白くしたい。

――バンド界とファッション界では、発売元という意味で「レーベル」と「ブランド」が対応していると思うんですが、sui sui duckはそこをもっと広く捉えてるのが面白いですね。

渋谷バンドが音楽だけで表現するって、それはそれですごくかっこいいんですけど、もっといろんな可能性があると思ってるんです。有名なバンドでもファッションブランドやったらめちゃめちゃウケると思うんですよね。でももちろん、最終的に曲の説得力が絶対に必要なので、いちばん大事なのは音楽。そこにつけるアクセサリーのような感じでブランドがある。

高橋ゼロからイチの段階のとき、まず世界観を作るのは渋谷の作る音楽で、その周りにいろんなものがあるという。

――恒星と惑星、衛星のような。

渋谷まさにそうです。めっちゃ回ってますね。馬車馬のように(笑)。

――『THINK』収録曲の「salvage」のMVも、そのスタンスをすごく感じます。可能性に挑戦してますよね。

渋谷はい。セレクトショップのSTUDIOUSさんとコラボすることが決まったのに、服どころか人間も出ないし、カメラが動きさえしないっていう(笑)。 

高橋カットも割らずに(笑)。

渋谷やっちゃったー! って(笑)。

高橋そこら辺もバンドのひねくれた感じが出てますね。コラボ決まったからって、メンバーがガッツリ服着て映ってるMV作るのはつまんねーなと思って。

渋谷すべての流れを無視したMVです(笑)。

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
いぬゆな
  • いぬゆな
千葉生まれ千葉育ち。元バンドマン。演奏するより文章書くほうが得意なことに気づき、ライターになる。漫画と音楽とサッカーのことならどんと来い。それ以外もどんと来い。一番好きなバンドはThe music。