MENU
1 2 3

面白くなければ意味ないなって

――確かに初めてayutthayaの音を聴いた時にシンプルさでポジティブに驚きました。このなんでもできるオルタナ畑のメンバーだから、もっと難解な音になるのかなって気もしていたので。

太田ほっといてもオルタナ感は出てしまうので、それを逆手に使えたらいいなとは思ってます。歌ものすぎるのもそこまで好みじゃないけど、歌ものを持っていってもバンドのバランスで結果調度良くなる。

――楽曲のベースは太田美音が作ってくるんですか?

右田ドラムは打ち込んであってギターも美音ちゃんが弾いてて。ベースはルートが鳴ってるくらいのデモをもらって。それをあれこれ言いながらアレンジしていってます。

――いかつい先輩に挟まれてるアラカワシはどんな感じなんですか?

太田彼は手癖で弾くと音がdeidっぽくなってしまいがちなので、誘った時点で手癖禁止令を軽く出しました(笑) 。

右田眞(Ba)

右田美音ちゃんがわりとシンプルで耳につくような曲を持ってくるんですけど、そこに彼の良さも出しながら、ですね。それをしないとバンドの意味がないし。でも、(アラカワシを)ほっといたらdeidみたいになる(笑)。

太田そう、だからそれはエモ過ぎってエモ注意報を良く出すんですよ。

右田俺とさとしはエモがあんまりよくわからないからそんな感じにはならないけど。(アラカワシのフレーズが)エモいね、今のはエモかったねーって言い合ったり(笑)。別にエモいのがあってもいいんだけどね。

――マイクロコズムからayutthayaを結成するに至るまで、何か心境の変化などありましたか?

太田今まではちゃんとやらなきゃっていう気持ちがまずあったんですけど、マイクロコズムの『顔』を出してから私の音楽に対する考え方が変わったんです、面白くなければ意味ないなっていう考えに完全にシフトして、すごく肩の力が抜けたというか。その気持ちを止めたくなかった。

――しっかりアウトプットする場所がほしかったんですね。

太田人に見せなきゃ作ってる意味がないので。人に見せるまではどうにでもなるというか、わかりやすく言えば、作品にして人が知ってる曲になってしまったら歌詞間違えちゃいけないとか(笑)。そういう環境にないとやりがいないし意味がないなって。

彼女の歌を世に広めたいなって思っていて

――右田さんはラブリーサマーちゃんやゆるめるモ!等サポートで様々な女性ボーカルと演奏してますが、右田さんから見て太田美音はどんなボーカリストですか?

右田‟めちゃめちゃうまい”っていうよりは、‟めちゃめちゃ良い”タイプのボーカリスト。今こう話してる時もそうだけど自分の言葉でしっかり話そうとするし歌おうとする、いいボーカリストだと思います。彼女の歌を世に広めたいなって一緒にやりはじめてからは思っていて。ボーカリストとしての評価としてはもうちょっと頑張ってほしいなってとこはありますけど、伸びやかで聴いていて気持ちがいいし、雰囲気が出せる。聴いている人に情景を感じさせられる声の良さがありますよね。

――ステージ上の存在感は他にないものを持っているますよね、雰囲気であったり。そしてayutthayaとして初の音源『Good morning』がリリースされます実際自分で聴いた感想は?

太田美音(Vo/Gt)

太田うーん、スルメ。

右田噛めば噛むほど的な?(笑)

太田ファーストインプレッションより聴けば聴くほど良いものができたなって感じがしてきたんですよね。

右田俺は良いのが録れたなって思いました。勿論もっとこうしたほうが良かったなって思う箇所はありますけど、限られた時間の中で良いものができたなって。

――録音されたのは去年の夏との事ですが、録音するまでにこなしたライブも2~3回くらい?

太田そうですね、まだ作品作るの早いだろっていう方もいたりはしたんですけど、そうも言ってられないんで。

――今回のミニアルバム5曲の中で1曲ピックアップするとすればどの曲ですか?好きな曲でもいいですし。

太田この5曲はキャラ分けができてるんですよね、主人公が5人いて。「海岸線」「グレープフルーツ」が初期衝動で、これからのayutthayaが「GUM」ってイメージかな。こういう曲をもっと作っていきたいというか、ちょうどいい感じというか。

右田最初に「海岸線」と「グレープフルーツ」もらってこういう感じのバンドなんだって思って。「空腹」や他の楽曲も同時期にあったんですけどその後に持ってきた「1989」がわりとポップで春っぽくて。その後に「GUM」を持ってきて、ベースのフレーズも入っていたデモだったんですけど俺が作りそうなフレーズだったんですよね。オルタナっぽい核になるフレーズと歌詞やサビのフレーズがポップスなんですよ。それがスゲー良いバランスだなって。こういう良いバランスの楽曲を作っていきたいですね。

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤 啓太
  • 伊藤 啓太
音楽好きの家庭育ちの次男。某CD屋からスタートし事務所、ライブハウス、音楽誌、流通、イベント制作と渡り歩いた業界屈指の決定力のない器用貧乏。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。