MENU
1 2 3 4

みんなの過剰な期待に応えます!

――EP『はっきよい.ep』全体を通しての聴きどころを教えてください。

尾形新曲3曲は曲調がどれも違って、HEREのいろんな魅力がある曲なので、3曲とも味わいつくしてほしいです。ライブ音源は下手くそで歌もずれている部分もあるんだけど、とにかくテンションが高いところだけを詰め込んでるので(笑)。

――聴いているみなさんは多々「ん?」って思うことがあるということですか?

尾形めちゃくちゃたくさんあると思う! 宮野(Dr)が別の曲を叩こうとして俺が制止してるMCが入っていたり、俺の「ズボンが破けたー!」って叫んでるとことか入っていたりします(笑)。ライブならではのテンションを味わってほしいです。だからみんなも聴くの大変かも。聴いてる側にもそれなりのパワーと体力を要するCDです!

――なかなかない代物ですね。今回、リリースツアーなるものはあまり多くない気がします。

尾形ちょっとスケジュール的にのり遅れまして……。だから今回は呼ばれたところに行くことにしています。来年の春ごろにアルバムをリリースしようと思ってて、そのときはド派手にやろうかと!

――リリースツアーが少ない分、来春と11月21日(土)のワンマンでたっぷりやるということですね。

尾形もちろん! たっぷりやるからできるだけ見に来てほしいです。その日はたぶんお客さんが「もういいよ」って言うまでやると思います。だから来る人は体力作りしてから来てほしいです(笑)。 ワンマンに来る人は俺らが好きな人しかいないはずだから遠慮はしない!

――休む暇も与えないほどに!

尾形……休む暇はある、俺が死んじゃう(笑)。でも基本バラードとか一切なしでガツガツに攻めていきたいと思っています。まぁいちばん汗かいてるのは俺だと思いますが。そのいちばん汗かいてる、ステージ上の俺を超えてもらいたいですね。

――来る方には肝に銘じてもらいましょう。最後に今後の抱負をお願いします!

尾形実は今年、バンドとして危機な時期もあって少し足踏みした時もあったんです。でもそれらを乗り越えて、いま一度バンドメンバー全員が一致団結してのリリースになります。まずは「はっきよい.ep」を心して聴いてほしい! そして来年はもっと激しく活発に活動する。もう2016年は9月くらいまで予定が決まってるから楽しみにしててほしいです。みんなの過剰な期待に応えます!!

リリース情報

『はっきよい.ep』
2015.11.04 ON SALE
¥1,500(税込)

[収録曲]
01. はっきよい
02. ああYEAHもうYEAH
03. くらいやがれ
~ボーナストラック~
04. CHAOTIC SYMPATHY
05. アナモルフォーシス
06. 絡みつくような愛をくれてやる
07. 絶望をブッ飛ばせ
08. COME ON
09. HAMPAねえな
10. メカニックマミ
11. 煩悩OH NO!!
12. アモーレアモーレ
13. 死ぬくらい大好き愛してるバカみたい
14. ゾッコンROCK ON
15. 感情超常現象

イベント情報

2015.11.15(日)
東京・渋谷CLUB QUATTRO
“Equal LIVE TOUR 2015 -Introduction-”
2015.11.21(土)
東京・渋谷TSUTAYA O-Crest
(レコ発ワンマンライブ)
2015.11.29(日)
兵庫・神戸
“ブタフェス2015”
2015.12.06(日)
宮城・仙台
“こらふぇす2015”
2015.12.13(日)
愛知・名古屋CLUB ROCK’N’ROLL
(レコ発イベント)
2015.12.18(金)
神奈川・横浜BAYSIS
“BAYSIS PRESENTS ~THANKS 2015~”
2015.12.23(水・祝)
大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE
(レコ発イベント)
2015.12.31(木)
東京・渋谷TSUTAYA O-WEST
2016.01.10(日)
愛知・名古屋
“ミソフェス 2016”

2016.02.22(月)
東京・赤坂BLITZ
“HOT STUFF presents ダイスをころがせ 4”
※尾形回帰、武田将幸、宮野大介の前身バンド「インビシブルマンズデスベッド」が西井慶太(Ba)を迎えオリジナルメンバーで出演。HEREの出演はありません。

プロフィール

HERE
2008年、活動開始。2010年5月に現メンバーとなる。強要にも近いオーディエンスとのコール&レスポンス、ステージ上を縦横無尽に動き回るアクション、80年代のローリングストーンズや忌野清志郎を彷彿とさせるカラフルなファッションやメイクが特徴のGLAMOROUS POPバンド音楽性は王道ロックを軸に非常に幅広い。楽曲は一貫してポップに突き抜けており、メンバーもフェイバリットに上げているTHE WHO、Led Zeppelin、RCサクセション、THE YELLOW MONKEY等にも通じている。

[メンバー]
尾形回帰(Vo) / 武田将幸(Gt) / 三橋隼人(Gt) / 宮野大介(Dr) / 壱(サポートBa)

関連リンク

HERE公式サイト
HERE公式Twitter

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
ITK
  • ITK
画像はイメージキャラクターです。常にエンターテイナーでいたい東洋の代表的野菜。