MENU
1 2 3

かっこいいと思ったものをかっこいいと言えるような環境にしたい

――そういう使命感みたいなものって前からあったんですか?

有島やりながら感じはじめたんですかね。なんで決めたがるんだろうって。

――有島さんって今28歳でシーンでも若手から中堅に差し掛かってきてるじゃないですか。いろんな人いますけど、長くインディーで音楽活動しているバンド、アーティストにありがちな“売れなくても、評価されなくても出したい音を出せていればそれでいい”って感覚よりはもっと意識が外に向いてますよね。

有島そういう人(アンダーグラウンドでやっている)たちがやっていることがすごくかっこいい、それがもったいないなって。やっている人たちはもちろんそのままでいいんですよ、そこに注目がいく、いかせられる役割になれたらいいなって思ってます。

――ロックというカテゴリの中でもメジャーシーンではなく、誤解を恐れずに言いますけどアンダーグラウンドシーンで活動しているかっこいいバンドに光を当てたい。

有島コレスケ

有島それもあるし、音楽性の話だけのじゃなくて価値観。どうやったらそういう人たちが評価されるかっていうと、かっこいいと思う人はいてもそれをかっこいいと言いづらい価値観が蔓延しているわけですよ。もっとフラットに、かっこいいと思ったものをかっこいいと言えるような環境にするにはどうしたらいいか考えた結果、俺みたいないろんなことをやっているよくわかんないやつがよくわかんないまま存在し続ければ多少フラットにできるんじゃないかな、みたいな。

――先入観で音楽を評価する感じって昔は無かったとは全く思わないけど、最近それを顕著に感じることは多いですね。みんなのかっこいいが俺のかっこいいみたいな。

有島それって必ずしもオーバーグラウンドの話だけじゃなくて、アンダーグラウンドの中にも同じようにそういう感覚が無意識下にあって。結局同じなんですよね。

――否定的なことを言うことが罪みたいな風潮もありますしね。あれは好き、これは嫌いいう意見すらパブリックで言いにくいのはあまり健全ではないなと感じます。そういう感覚が芽生えたのっていつ頃からですか?

有島前から、toldもわりとそういう気持ちでやってますね。ああいうバンドっていわゆるアンダーグラウンドにいがち。それが「意外といくんだ」って状況になることによって多少変わるんじゃないか、ああいうバンドが売れたら面白いと思うんですよね。売れることは別に目的じゃないんです。

――売れることによってでしか得ることができないもの、見ることができない風景を見たいってことですよね。

有島あ、それ俺が言ったことにしておいてください(笑)。

リリース情報

『PLANKTON』
2015.11.11 ON SALE
¥1,800(税抜)

[収録曲]
01. 街 
02. 空けたもの(うつけたもの)
03. Sigh
04. 灯台
05. Pale Blue Dot
06. 炭酸
07. Harm
08. 稀ないもの(すくないもの)
09. 肌

all songs written,arrange,drums,bass,electric guitar,acoustic guitar,percussion,keyboards,sequence,vocals,chorus
by arko lemming(有島コレスケ)

Amazon / HMV / TOWER RECORDS

イベント情報

arko lemming presents “muscle inferno”
2015.12.15(火)
東京・新代田FEVER
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV ¥2,500 / DOOR ¥3,000

[出演]
arko lemming
Vo/Gt:有島コレスケ
Ba:中尾憲太郎(crypt city / YounGSounds / Seagull Screaming Kiss Her Kiss Her)
Dr:ナカヤマシンペイ(ストレイテナー / another sunnyday)
Gt:スーパーギタリストS.N(当日その場で目撃せよ!)
and more

[チケット]
プレイガイド、FEVER店頭のみ
※10月16日(金)よりイープラス、ローソン(Lコード:77750)、FEVER店頭にて販売スタート

プロフィール

有島コレスケ
東京出身のバンドのベーシストとして軸足を置きながら、その活動は多岐に及び枚挙に暇がない。0.8秒と衝撃。のドラマー、ドレスコーズのアルバム、ツアーでのベース等を中心に、女優・日南響子の音楽プロジェクト、Buffalo Daughterのベスト・アルバム、三浦建太郎「ギガントマキア」のOfficial Trailer楽曲等に参加。

その他、自身の活動として<スズメーズ>、<BOYLY Entertainment>も並行して行う。白樺派の文豪、有島武郎(或る女、生まれ出づる悩み)が曾祖父。祖父は羅生門(黒澤明監督)等数多くの映画に出演した名優、森雅之。何気に帰国子女。ファッションモデルとしても活躍

関連リンク

arko lemming公式サイト
有島コレスケ Twitter

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤 啓太
  • 伊藤 啓太
音楽好きの家庭育ちの次男。某CD屋からスタートし事務所、ライブハウス、音楽誌、流通、イベント制作と渡り歩いた業界屈指の決定力のない器用貧乏。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。