MENU
1 2 3 4 5

“楽しいのはどっちか”っていう視点で選択していく

――男子限定や女子限定ライブは今後に期待するとして、わがままカレッジって自主企画で夏祭りや文化祭をテーマにして、学生ノリ的なことを本気でおもしろがってやる感じがあるじゃないですか。それは、自分たちが楽しいことをやろうっていう思いからなんですか?

井上学生のときって、何かとかこつけて楽しもうとするじゃないですか。

モリヒロ「テスト終わったから飲みま~す!」とか、「誰と誰が付き合うことになりました、おめでとう~! 飲みま~す!」みたいな。

わがままカレッジ

井上口実はなんでもいいんですよね。そういう感じだと思うんですよ。最初の自主企画で文化祭をやったときの打ち上げで山ちゃんとふたりで喋ってて、「とにかく楽しいことを目指していこうよ」っていう話になったんです。そこからライブのやり方も悩まないというか、“楽しいのはどっちか”っていう視点で選択していくようになりました。

山下言ってしまえば、僕らのライブはコメディ映画ですね。わがままカレッジは、自分たちが楽しんで、お客さんも楽しんでくれればそれでいいっていうスタンスで一貫してます。そういうのをより体現したのが、夏祭りだったり文化祭だったりしますね。

井上「お祭りだ!」ってやってくるほうが、みんな楽しいと思うんですよ。出演バンドもみんなその気でライブやってくれますし。

――ライブだけでなく、ちょっとした催しがあるのもおもしろいですよね。下ネタ大喜利でしたっけ?(笑)

モリヒロあれは沸いたね。

山下ライブイベントの付加価値として。お祭りだからトークをやってもいいし、落語をやる人がいてもいい。かき氷も売る。

井上下ネタトークとか、基本的には山ちゃんがやりたいことだと思うんですけどね。

タケイそこは強調しておきましょう。

モリヒロ「おまえがやりたいっていうなら、俺断れないからな~」って。

――理解のある良いメンバーが集まりましたね!

山下本当に良いメンバーに恵まれています。曲もそうだし、やりたいようにやらせてもらっています。

わがままカレッジ

――最後に今後の展望について聞きたいのですが、先ほど話が出た“広く聴いてほしい”っていう部分で、ライブハウスでの活動だけでなく、お茶の間にも攻めていきたいのかなというイメージでしたがいかがでしょう?

一同お茶の間ですね。

モリヒロ次のステップはお茶の間です。

――普段、ライブハウスに縁のない人たちが集まるような場所で歌うのも良さそうですね。地元のお祭りとか。

井上野外はね、裸でやってて良かったって思うんですよね。

タケイ服を着てても野外っていいなって思うのに、着てなかったらどんだけ気持ちいいんでしょうかね。

井上ほんとに気持ちいいんだからぁ♪

――では、何か言い残したことがなければそろそろ締めたいと思いますが……。

井上(小声:ほら! タケイくん言っておけよ!)

タケイ(小声:……え!?)

一同……お疲れさまでした!!

リリース情報

1stミニアルバム『生命大躍進』
NOW ON SALE
¥1,600(税抜)

[収録曲]
01. 可愛い子はだいたい彼氏がいる
02. とれいんろっく
03. LET’S SEARCH!!
04. 君のギター
05. ロックバンド
06. わがままカレッジのテーマ
07. ラッキーセブン

イベント情報

“わがままカレッジ主催『生命大躍進』レコ発企画”
2015.10.30(金)
東京・新宿MARZ
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV ¥2,300 / DOOR ¥2,800(ドリンク代別)

[出演]
わがままカレッジ / フジロッ久(仮) / YOUR ROMANCE / the peggies

プロフィール

わがままカレッジ
2013年4月結成のロックバンド。現在までに2枚の自主制作音源を発売、いずれも200枚以上の売上を記録。不定期に開催する自主企画でも、毎回100~150人以上の動員を記録。ボーカル山下が歌うストレートで赤裸々な歌詞&グッドメロディ、あらゆるジャンルを盛り込んだファンキー&ファニーなサウンド。そして『最THE高』とも言われるピースフル&ハッピーな圧倒的ライブパフォーマンスで、各方面から絶賛の嵐!

[メンバー]
山下ゆうき(Vo) / モリヒロ(Gt) / 井上まさや(Ba) / タケイカズマ(Dr)

関連リンク

わがままカレッジ公式サイト
わがままカレッジ公式Twitter

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
松井 恵梨菜
  • 松井 恵梨菜
本業である音楽関係の雑誌編集に忙殺されながらも、ライターを目指して勉強中。"ETERNAL ROCK CITY.2012"オフィシャルライターなどの経験あり。難しい評論ではなく、心に伝わる文章が書けるようになりたいです。通称"ぴよ"。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。