MENU
1 2 3 4 5

僕、ほんと中身が変態なんですよ

――その検証動画の話も聞こうと思ってたんですが、検証してみた結果はいかがでしょう。だいたい彼氏はいますか?

山下それが、思っていたよりいないですね。歌っていることが嘘になってしまう(笑)。

タケイでも、彼氏がいる子は彼氏と歩いてる説もありますからね。女の子同士で歩いてる子に聞いて、男女で歩いてる子にはあまり聞かないから。

山下それは真理だね。彼氏がいる子は彼氏といるよ!

――共感するのは男子だろうと思いつつ、「いる~!」のコール&レスポンスは男女問わずライブでやってて楽しいと思います。

井上「いる~!」って、今はもう普通にやってますけど、よく考えてみたらバカっすからね(笑)。

わがままカレッジ

――特に、女性が「いる~!」って言うのはおかしいですもんね(笑)。

タケイでも、こちらとしては女性がそう言ってるのが見たいっていうのもあります。

――あ、それは動画を観て思いました! 女性って、ちょっとはにかみながら「いる~!」ってやるじゃないですか。

山下そう、そこなんですよね、あの動画のポイントは!!

井上撮りながら途中で思ったんですよ。「いる~!」のあと2~3秒残しておいたほうが良いところが撮れると。

――狙いどおりだと思います。でも今回のアルバムでは、歌詞の際どい部分というか、アウトなところはさすがにちょこちょこ変わりましたね。

山下元々、僕の欲望というか、ただ人前でそういうことを言いたかっただけなんです。

タケイ「俺がこれを言ったら、お客さんはどんな顔をするのかな」みたいな?

井上モリヒロ露出狂的な心理!(笑)

――ただの変態じゃないですか(笑)。

山下僕、ほんと中身が変態なんですよ。

井上自称変態で大丈夫?(笑)

山下でも、「可愛い子~」は本当に曲がいいので、例えばあの部分のせいでラジオで流してもらえないとか、曲がもっと大きくなっていくことに関して、わざわざ自分たちで道を狭める必要はないなと思ったんです。

井上ポリシーがあって、「直せません」って言って戦うならいいですけど、そこまでのこだわりはないので(笑)。「変えます、変えます」って普通に言いますね。

――もし、そういうことをZeppくらいの会場で言えたらすごいですよね。

山下Zeppで言いたいですね~、「ち▼※」って! それはもう、僕の欲望が満たされるときですね。

タケイ最終的な欲求が満たされることによってバンドが解散するとかではないよね?

山下ないない(笑)。今でも、ライブはレコーディングじゃないからどう歌ってもいいと思うんですけど、可愛い子がたくさんいたらあえて言うとか、そのときの直感であの部分をどう歌うか決めています。やっぱり可愛い女の子に言ってやりたいじゃないですか?

一同(苦笑)

わがままカレッジ

――いつか、女子限定ライブとか男子限定ライブとかやったら盛り上がりそうですね。

モリヒロ男子限定ライブいいですね。女子限定ライブはうちら厳しいんじゃないかな? 俺、もう何もできなくなりそう(笑)。

タケイ男子校とかでやりたいですよね。

一同あ~、ウケそう!

山下でも、「いる~!」って男子校でやっても、その声は女子に届かないもんね……(苦笑)。

井上だからこそいいんじゃん! すげえ美しいじゃん!

モリヒロ確かに、その現場に女子がいることの不安定感がいいんだよね……。

タケイまあ、僕らはお客さんを選んでるわけではないので、広く聴いてもらえたらいいなと思います。

山下ほんとにそうです! わがままカレッジの音楽はJ-POPだと思ってますから。

タケイただ、バンド名で抵抗がある人はいるのかもしれないですね。パッと見て“色物かな?”って思われがちな部分もあるじゃないですか。

山下あ~、変える?

一同(笑)

山下ファニーな感じは出ると思うけどね。この間、ラジオで初めてわがままカレッジの曲をかけてもらったときに、「わがままカレッジで~」って紹介されて、DJの人が「おもしろいバンド名ですね」って食いついてくれたんですよ。

井上「わがままカレッジ、おもしろいですかね?」

モリヒロ絡みづれえ(笑)。

井上「今、噛んだんじゃないですか?」

モリヒロおもしろいバンド名かと思ったら絡みづらいバンドじゃんそれ(笑)。

一同(笑)

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
松井 恵梨菜
  • 松井 恵梨菜
本業である音楽関係の雑誌編集に忙殺されながらも、ライターを目指して勉強中。"ETERNAL ROCK CITY.2012"オフィシャルライターなどの経験あり。難しい評論ではなく、心に伝わる文章が書けるようになりたいです。通称"ぴよ"。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。