MENU
1 2 3 4

前作『Sweet Doxy』から11か月を経てLarge House Satisfactionがミニアルバム『SHINE OR BUST』を9月9日(水)にリリースした。プロデューサーに山森大輔(SKA SKA CLUB/ROCK’A’TRENCH)を招き、今までの比にならない程ポップな作品を作り上げた彼らに今作に至る経緯を訊いた。

[メンバー] 小林要司(Vo/Gt)小林賢司(Ba)田中秀作(Dr)
[取材・文] 伊藤啓太
[写真] 鈴木”もぐら”悠太郎

元から持っていたものを全て解放したという感じが強い

――早速ですが今作はLarge House Satisfactionにとって“進化”の作品なのか“変化”の作品なのか伺わせてください。

要司収録されている楽曲が今までやってこなかったタイプということもあるので、“進化”や“変化”と捉えられがちなんですけど、制作の過程を思い出すと新しい頭で新しいものを作ったというよりは、元から持っていたものを全て解放したという感じが強いと思っています。例えば「Crazy Crazy」みたいな曲は今までなかったけど無理矢理作ったというわけではないです。ただ、前作に収録されている「Stand by you」で一皮剥けたという感覚があったからできたことではありますね。

――「Stand by you」が起点になった。

要司そうですね。本当の意味で自分たちのやりたいことができたアルバムだなと思っています。

Large House Satisfaction / 「Stand by you」

賢司意図的に作ったかと言われると全曲意図的に作っていて、そのなかで前作の流れもあるし、今までの俺たちの流れもある。変えたくない部分もあるし変えなければならない部分もあることは色々やってわかってきたから、今作にむけてかなりの曲数を作りました。「Crazy Crazy」を作った時は秀作がサビメロ持ってきて、みんなで合わせてみた感じからほぼ変わってないくらいすぐにできましたね。だから要司も言ってたけど自分たちのなかにそういうものは持っていたんだなと思います。

――外から持ってきたアイデアではないということですね。

賢司ただ、正直今までゴリゴリのロックをやってきてからこういうポップな曲(「Crazy Crazy」)を出して、バラードを出すというのはどうなんだろうなという思いはありました。ただ、最近MVを発表してみたらお客さんからも、周りの友達からも「ポップになったけどすごくいいね」って評判が良くて。正直ビビッてはいたんですけど。

Large House Satisfaction / 「Crazy Crazy」

――ビビッていたのはお客さんがどういう反応をするか?

賢司そうそう。

――珍しく。

賢司いや、いつもビビッてますよ?(笑)

一同(笑)

賢司今作の曲はライブでも何曲かやっていますけど、やってみたらこういうスタイルもいけるなとは思いましたね。

――「Crazy Crazy」のメロを持ってきたという秀作さんはどうでしょうか。

秀作ポップな曲を作る構想は前回のアルバムが出たくらいから考えていたんです。前作も(Large House Satisfactionとしては)ポップな作品だったんですけど、それよりもっと突き抜けてポップな曲というものを考えたときに、前作とは違う顔を見せたいなっていう気持ちはありました。

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤 啓太
  • 伊藤 啓太
音楽好きの家庭育ちの次男。某CD屋からスタートし事務所、ライブハウス、音楽誌、流通、イベント制作と渡り歩いた業界屈指の決定力のない器用貧乏。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。