MENU
1 2 3

5年ぶりのフルアルバム『HEAR YOU』とは

――では、早速今作の話を伺いたいと思います。フルアルバムとしては5年ぶり、流通盤としては3年ぶりになります。今作の制作に取り掛かったのはいつ頃からですか?

山嵜アルバムをずっと作っていなかったから作らなきゃなぁとは思っていて。いつもの感じでダラダラとやっていたら5年が経って、締切に追われて。

――納期的にはギリギリですよね。

山嵜いや、ほんと先週まで作業していました。

――今作は収録楽曲の半分以上にゲストが参加していますが、今までですと楽曲が形になってからゲストをあてるような流れが多かったようですが、今回はいかがでしたか?

山嵜一緒です。楽曲をまずは作って、そこから誰にお願いしようかなって考えていきました。U-zhaanと一緒の曲だけ違うかな。前に僕個人でWEBのCMの曲を頼まれて短い曲を作って、その時にU-zhaanと一緒にやりたいなって思って。それが元になってそれを膨らませて曲にしたので、タブラの感じを前面に出したいっていうイメージが先にありましたね。

――あの楽曲、U-zhaanさんの感じというか、タブラの感じとのバランスが今までのtoeのイメージとは違くてすごく面白かったです。

山嵜そうですね、ぶっ飛んでるやつが作ったみたいな曲ですね(笑)。

山嵜廣和(Gt)

――Charaさんや木村カエラさんがボーカルとして参加された楽曲は、歌の部分まで作ってから依頼しているんですか?

山嵜そうですね、歌詞や基本的な歌メロまで作ってます。5lackだけは別ですけど。

――もう少しゲストに関して伺わせてください。今回、Charaさんをどういった経緯で招かれたんですか?

山嵜昔から大ファンなので、やってほしいのはやまやまなんですけど、でもなー、、うちらみたいなのが頼むなんて恐れ多いかな。とか思っているまま時間が過ぎていって。うちの美濃君(Gt)がレコーディングしている経緯もあって、話してみたらやってくれるという話になりお願いしました。

――木村カエラさんも同じような経緯ですか?

山嵜そうですね。前に彼女のアルバムの中で一曲一緒にやっていることもあったので。柏倉君(Dr)が作ってきたデモに女性のフワフワボーカルがサンプリングで入ってて、これ誰にする? って話をして「カエラちゃんが良いんじゃない?」って話になってお願いしましたね。

――ということは、デモの段階から女性ボーカルありきだったんですね。

山嵜そうですね。この曲とこの曲ボーカルを入れようって作るので。

――なるほど。そして6曲目のSong Sillyはメインボーカルが山嵜さんですね、そしてゲストにOlivia Burrell。

山嵜はい、僕が歌ってます。あれはLou Reedの「Walk on the Wild Side」がやりたくて(笑)。最後にゴスペルみたいなのが入ってくるような、そういうのがやりたい! って言って。そういうの歌える人いない? って話してたら美濃君が「オりちゃんできるよ」って連れてきてくれました。

――山嵜さんは繋がりがあったわけではないんですね。

山嵜僕は初めて。美濃君が、多分Charaさんのレコーディングとかで知っていたのかな。

――5lackさんは前作の『The Future Is Now EP』のアナログでSick Teamと一緒に仕事した経緯からですかね。

山嵜そうですね。僕、Sick Team大好きなので。

――こういったラップが入るものだと、トラックとして音を渡してそこにラップを乗せてもらうよう流れですか?

山嵜そういう感じ、お任せで。なんとなくこういうリリックというか、こういう気持ちなんだよね最近っていうのは言っておいてもらって。後はお任せでしたね。

山嵜廣和(Gt)

――具体的にどんな感じで伝えたんですか?

山嵜それは言いたくないな(笑)。

――(笑)了解です。今回ゲストを招いたものと、toeだけで作り上げたものと半々です。以前、盤はライブに来てもらうためのものと仰っていたのを拝見したことがありますが、今回もそのスタンスは同様ですか?

山嵜そうですね。基本的にライブがやりたくてバンドやっているので、曲が無いとダメだと思うから。

――今回のアルバムの持つ意味というか、コンセプトはあるんでしょうか?

山嵜コンセプトは毎回ないんですよね。曲によってコンセプトはあるんですけど、アルバム通してのコンセプトっていうのは作ってなくて。元々作れないというか、あの11曲を作るので精一杯。

――では、今まで作ってきた楽曲を…。

山嵜ただまとめただけ(笑)。

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤 啓太
  • 伊藤 啓太
音楽好きの家庭育ちの次男。某CD屋からスタートし事務所、ライブハウス、音楽誌、流通、イベント制作と渡り歩いた業界屈指の決定力のない器用貧乏。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。