MENU
1 2 3 4

2013年、東京のユースカルチャーを活性化させるべく結成されたDATS。平均年齢22歳、若気溢れる彼らの勢いは留まることを知らない。2015年6月3日には全国流通盤となる1st EP『DIVE』をリリース。“SUMMER SONIC 2015”ではオープニングアクトとしてSONIC STAGEへの出演が決定しており、現在の音楽シーンを歩む、注目すべき新進気鋭のアーティストだ。

グローバルかつジャンルレスに、古いものから最先端の音楽を無数に吸収。自由自在に操る彼らのサウンドは聴くもの全てを魅了させ、圧倒的な存在感を確立している。「世界標準になりたい」そう語る彼らが目指す“バンド”とは一体どんなものなのか。DATSの今までの活動から今後の野望まで、メンバー4人に語ってもらった。

[メンバー] 杉本亘(Gt/Vo)清水旺(Ba)早川知輝(Gt)大井一彌(Dr)
[取材・文] 本木美奈
[写真] 鈴木“もぐら”悠太郎

自分らなりの活路を見いだせたのかなって思う

――DATSのライブを初めて観たのは5月29日に下北沢GARAGEで行われたderonderonderonのレコ発だったんですよね。その日からドハマりしてしまいました。

一同ありがとうございます(笑)。

――ところでDATSはどういうきっかけで結成されたんですか?

清水ハロウィンの日に、もんじょー(杉本)と僕で遊んでて。そこでバンドやろうよってテンションになって(笑)。

DATS

――なるほど(笑)。始まりは清水さんともんじょーさんなんですね。その次にメンバーに加わったのは?

早川僕が、2人が曲を作ってネットにあげてるのを聴いて「めっちゃこいつらカッコいいな!」ってなって、ギターやらせてよとお願いしました(笑)。

杉本そう。やりたいって言ってきたから、しょうがないなって(笑)。

清水早川さんがスタジオ全部準備するから、俺ら断れなくなっちゃって。

杉本俺らにノーって言わせないような状況を作ってきて……。すごかったよね(笑)。

清水ビビった。機材とかもブワァアって!

――ヤル気ハンパなかったんですね(笑)。

早川本当にかっこよかったからね。頑張りましたよ(笑)。

――そのあとに大井さんがメンバーに加わったわけですね。

大井僕は最近入りました。DATSの一ファンだったんですよ。そんな中、もんじょーに声かけてもらったんです。

――ヘッドハンティングされたわけですね。

大井だといいんですけど……(笑)。

杉本本当にその通り。

大井DATSの曲が好きで、メンバーになる前からほぼ全曲叩けたんですよね。

――DATS愛がすごい!

杉本亘(Gt/Vo)

杉本声かけたときは全曲叩けること知らなかったです。次に入れたいドラムといったらカズくん(大井)しかいないなって思ってました。俺がカズくんゴリ推しで、入れたいって言ったら、みんないいよーって。

大井すごいスムーズに入れた(笑)。

早川高校のときから全員それなりに繋がりがあるんだよね。

杉本実はみんな高校のときから友達!(笑)

早川同じライブハウスで会ったりとかしてて。

――そうだったんですか! みなさん高校時代からバンドをやっていたんですね。

杉本同じバンドを組んでいたわけじゃないけど、それぞれで活動してました。

清水みんな、友達。

一同(笑)。

――(笑)。曲作りはいつもどのように進めているんですか?

杉本だいたいは僕と旺 くん(清水)が先に2人で集まって、こういう感じの曲作ってこうかって話すんですけど。僕が先にデモ音源を作って、後から加えていくって感じです。それをスタジオでみんなで聴いてアレンジをしていって、納得いくフレーズを作っていってますね。

――なるほど。すごく幼稚な言葉なんですけど、DATSってめっちゃ英語ですよね。

一同(笑)。

――結成したときからその路線でいこうって決めてたんですか?

清水まぁそうですね、元々お互い海外の音楽が好きで、すごく意見が合ってバンドを始めたようなものなので。何も言わずとも、そういう感じだったよね。

杉本英語……うん。最初から英語だったよね?(笑)

清水うん(笑)。

――今後、日本語を使う予定はあります?

杉本いや、それはわからない。公言は……しないでおこう(笑)。

早川何があるかわからないもんね。

一同(笑)。

清水旺(Ba)、杉本亘(Gt/Vo)

――DATSってライブハウスだけじゃなく、クラブでもフェスでも楽しく聴けちゃう印象があって。サウンドのイメージって初めからあったんですか?

杉本最初はなかったですね。だんだんやっていくうちに、「俺らってこうじゃね?」みたいな。え、そうだよね?(笑)

清水そうだね。だんだんと作り上げていったね。

杉本最初は何も意識しないで、ただひたすら作ってて。そのせいで、俺らは何がしたいんだろうってなったときもあったけど、今はいい感じになった。試行錯誤の末で、自分らなりの活路を見いだせたのかなって思う。

――そうなんですね。そんな試行錯誤を繰り返したDATSは今年、“SUMMER SONIC”出演ですね。おめでとうございます。

一同ありがとうございます。

――心境はどうですか?

杉本本当に、めっちゃ、超ワクワクしてるし楽しみだけど。やっぱり一番は……楽屋かな(笑)。

一同(笑)。

杉本去年は“出れんの!?サマソニ!?”からだったから楽屋が準備されてなくて。

早川“出れんの!?サマソニ!?”の共同の楽屋しかなくて、ちょっとてんやわんやしたね。

杉本スタジアムとメッセをバスで何回も何回も行き来して。クソ暑い中(笑)。

早川機材持ってみんなで行ったね(笑)。でも、本当。オープニングアクトって正規のアクトで出れるからね。ソニックステージでライブできるのがやっぱり嬉しいなぁって。

清水ね。

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
本木美奈
  • 本木美奈
94年生まれ。通称もっきー。音楽ライター。脚本勉強中。「音楽」と「ドラマ」と「犬」をこよなく愛しています。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。