MENU
1 2 3 4 5 6

2ndミニアルバム『ランドリー』を7月1日(水)にリリースする、リコチェットマイガール。彼らは、昨年10月に前作『きっと鳴り止まない』で初の全国リリースを果たし、大内岳(TRUMAN / OLD JOE)をサポートドラマーとして迎え全国を巡るリリースツアーを敢行した。

バンドにとってひとつの転機となった前作から、意識的に“目線を変えた”という新曲が多数盛り込まれた今作。「言葉にも適齢期がある」と語る稲荷直史(Vo/Key)は、リリースのたびに自らを省みることで変化を試みている。しかし、今回のインタビューで彼のバイオグラフィーをたどるうち、バンド結成当初からの変わらない“姿勢”も発見することができた。

[メンバー] 稲荷直史(Vo/Key)
[取材・文] やえがし
[写真] 鈴木“もぐら”悠太郎

このバンドを辞めることがあったら、もうバンドはやらないことにしよう

――キーボードを始めたのはいつぐらいなんですか?

稲荷中学校の約3年間、YAMAHAのピアノ教室に通っていました。

――バンドのバイオグラフィーに、リコチェットマイガール(以下:リコチェット)より以前のバンドではドラマーだったと書いてありますよね?

稲荷高校を卒業してから1年ぐらい活動していたバンドでドラムをやってました。そのバンドが活動休止してから、次にグランジ / オルタナ系のNIRVANA、The Velvet Under ground、Sigur Rósみたいな感じのものに影響されたバンドでキーボードを頼まれたので、轟音のなかで黙々と弾いてました(笑)。

稲荷直史(Vo/Key)

――今とは音楽性が全然違いますね。

稲荷だいぶ違いますね。グランジもオルタナも好きですけど、今思うと何とも似つかないようなバンドでしたね。それから、そのバンドがうまくいかなくなったとき、当時のベースの子に「稲荷さんは好きなことをやったほうがいいと思います」って言われて……。

――そんなにハッキリ言われたんですか。

稲荷たぶん向いていなかったんだと思います。その子は僕が曲を作れることも知っていて、ふわふわ活動しているぐらいなら「自分の好きなことをやってほしい」って思ってたんでしょうね。

――すごくいい後輩ですね。

稲荷じゃあやってみようかなと思ってそのバンドから抜けて、「さあ、次のバンドをやろう」と思っていたときに、そのベースの子がちょっといろいろあって会えなくなってしまって……そっからずっと会ってないんですけど。だから「このバンドを辞めることがあったら、もうバンドはやらないことにしよう」と思って、リコチェットを始めました。

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。