MENU
1 2 3 4 5

成功して消えたいんですよ。いいタイミングで

――衝撃の発言でしたが、実際のところどうなんでしょう?

アリスMV女優冥利に尽きるといいますか、「八方塞がり美人」(空想委員会)や「オドループ」(フレデリック)など、私が好きなアーティストのMVにいろいろ出演させていただいて、スペースシャワーTVのピックアップMVみたいのにも選んでいただけた。もちろん監督さんのおかげでもあるんですけど、いろんな方に見ていただけたのでMV女優としての役目の一部を果たし終えたのかなって思ってます。

――果たし終えた?

アリスパッとやってパッと消えたいんです。いいタイミングで。モデルも含め、なんでも。だから私のMV女優のストーリーはある程度終わったと思っています。次のストーリーにいきたいんです。

――中川さんがすごい顔してますよ(笑)。

中川MV女優をやらないかもっていうのは完全にやらないってわけではなくて、なにか面白みがあったり彼女を変える何かがあればやると思いますよ。やりたくないからやらないわけではないですからね。

アリス映像のお仕事は好きですし、好きな音楽に関われるのは幸せなことなので。ただ今は自分の価値観的にも周りの反応的にも、ただ好きだからやるっていうのは違うかなって思ってます。何か相当面白いものであるとか、自分の感覚だけでなく周囲も含めていろいろ合えば、ぜひまたやりたいとは思います。

――でも今も出演依頼はたくさんあるんじゃないですか?

アリスこれは個人的な意見なんですけど、そもそもこんないろんなバンドのMVに出てる女を使おうって気持ちが私にはよくわからないんですよね。自分たちの曲を売りたくてMVも作ってるはずなのに、ほかのバンドに出てる女を使うっていうのは……。もちろん、今まで出演させていただいたMVは楽しく撮影させていただきましたよ。声を掛けていただけること自体は純粋にうれしいですし。

――MV女優業界に激震ですね。

アリス冗談半分で「MV女優」という言葉を名乗りはじめて、気がついたらそのMV女優を目指す子たちがいて。私は誰かがなりたいもので居続けたくないというか、私は私でその文化を終わらせたいです。

――確かに最近「MVに出たい」って言ってる人が増えてるイメージあります。

アリス私は元々MVや音楽が大好きだからこそ、今のポジションになれたんじゃないかと思っています。

「妖怪ダンス」あのMV素晴らしいですよね

――ライブにはよく行かれてますよね?

中川めちゃくちゃ行ってますよこの人。

――ただ、足を運んでいるライブは“YASHIBU”に出ているアーティストとはまた違った感じですよね。

アリスそうですね。だからそのなかに私の知ってるバンドを盛り込んでいくというか。第2回に出演いただいた快速東京は私が提案したんですけど、“YASHIBU”のラインナップのスパイスみたいになればいいなって思ってます。

――アリスさんの提案はけっこう通るんですか?

アリス現状はあまり通ってないですね。

中川女王蜂とか言うんですよ? いきなり呼べるか!!(笑)。 

アリス中川さんにはすでにこうしたいってビジョンがあるんですけど、基本的に詳しい説明をしてくれないんですよ。だから最初はYASHIBU感っていうのがよくわからなかったんですが、最近は「なんとなくこういうことかな?」っていうのがわかってきました。このバンドなら気に入ってくれるかなっていうのが。

――ちなみにアリスさんに紹介してもらったなかで気に入ったバンドはいますか?

中川セプテンバーミーですね(即答)。「妖怪ダンス」あのMVはすごくすきです。

――逆にアリスさんが2.5Dで出会った音楽で特に気に入ってるアーティストはどなたでしょう?

アリス基本的に全部好きです。私が普段行っているライブでは出会えない方々なのですが、かっこいいと思います。強いて言えばYasei Collectiveですかね。

中川Seihoとかもね。普段ビート系聴いてなかったけど「これなら聴ける」って言ってたもんね。

アリスDJを基本聴かないんですよね。クラブとか苦手ですし。でもDJで楽しいって思ったのはSeihoさんが初めてでした。

中川これ書いてあげてください。喜びますよ(笑)。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
鈴木“もぐら”悠太郎
  • 鈴木“もぐら”悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称”もぐら” ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年からは「FUJI ROCK FESTIVAL」や「朝霧JAM」といった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。 またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。