MENU
1 2 3 4 5

アリなのかムカデなのかよくわからん名前で(笑)

――イベントでは第1回からアリスムカイデさんがMCとして出演されていますね。ふたりの接点がまったく見えないのですが、そもそもおふたりの出会いはどのようなものだったんですか?

中川2.5Dで約5年ほど仕事をしてきたんですけど、個人的意見ですが“もっと渋谷をテーマにした面白いもの”を発信したかったんです。そこで悩んでいるなか、彼女の名前が僕のところに偶然入ってきたんですよ。「なんじゃそれ!」と。アリなのかムカデなのかよくわからん名前で(笑)。

一同(爆笑)

中川ただ、一度名前を聞いてから耳に引っかかっていて、そこから彼女のTwitterを見るようになったんですね。見てたら面白い子だなと。ちょうど“MEZAME ROCKS(2.5Dの番組)”のMCをしてるってことだったので、当時僕が別でやってたイベントにDJとしてオファーしたんですよ。

アリス「嫌です」って断りました。

中川「やれません」って言われたんですけど、「やれますよ」ってゴリ推しました(笑)。物販もやってくれと。

アリスモデルは物販なんかないので一度は拒否しましたが、意味がわからなさすぎてOKしました。

中川そのイベントが初めての出会いでした。最終的には物販ブースでお客さんにビンタを物販にしてたんですよ。普通に頭おかしいなこいつと思いましたね(笑)。それを見て一緒にやりたいって思いました。

アリス今、適当にしゃべってますよね?

中川まぁ経緯はいっぱいあるんですけど(笑)。実際本人と話をしてみると音楽がすごく好きで、しかもロックが好きだと。僕、“ロキノン系”って全然わからなかったんですよ。そこで「今のロックシーンってどうなってるんだろう?」みたいな。

――2.5Dでは思いっきりロックの番組って少ないですもんね。

中川なので彼女にいろいろ教わりながら、そうこうしているうちに“YASHIBU”の構想とタイミングが合致したんですよ。それで一緒にやろうってなりましたね。

――“YASHIBU”のオファーをされた時は即決だったんですか?

アリスちょっと考えましたね。私、あまりしゃべれないですし。

中川僕の中では彼女が“YASHIBU”に必要な存在になっていたので、どんな返事が来ても一緒にやろうと思ってました。

ほとんど「ヤバイ」しか台本に書いてないんですよ

――アリスムカイデさんは多くのMVに出ていますが、MVって声を出さないじゃないですか。演技だけ。それがいきなり“MCでしゃべる”ということに抵抗はなかったんですか?

アリス抵抗はなかったんです。MCをする時って”MCの仕事をしている自分”になるんですよ。普段の自分ではないというか。仕事なので無難にこなそうと、最初はちょっと綺麗にしゃべってましたし。そしたら中川さんが「それは違う」と(苦笑)。

中川出演者のこと全員にボロクソ言ってほしいんですよ。Twitterみたいな感じで。アリスムカイデならではのMCを開拓してほしいというか。だから台本は雑に作ってます。

――雑ってどういうことですか(笑)。

アリス台本が本当に雑なんですよ! 普通アーティストさんの紹介文とか書いてあると思うんですけど、「◯◯なのでヤバイ!」「無料配信したからヤバイ!」みたいな(笑)。ほとん「ヤバイ」しか台本に書いてないんですよ。

――それが一番ヤバイじゃないですか(笑)。

中川そうやって追い込むことで彼女の良さを引き出せるんじゃないかっていう狙いがね(笑)。

中川義和、アリスムカイデ

アリス「(ムカイデウインク)」とか書いてあるんですよ。何ウインクって。意味わからない。

――それやったんですか?

アリス書いてある場所ではやらなかったです。関係ないところでやりました。

――やったんですね(笑)。

中川出演していただくアーティストさんのことは僕らが誰よりもわかってるつもりなんです。それこそ出演順とかも実は超考えてて、ラインナップには自信があるんですね。音楽は最高のものを揃えてる。だからMCで音楽のことは触れなくていいと。あとは「その音楽を作った人がどんな人なのか?」ていうのをお客さんに知ってほしいんですね。これはネットではわからない部分だと思うんです。そこを彼女のキャラで掘り下げていくというか。

――パーソナリティという部分は確かにネットではある程度しかわかりませんもんね。

中川アーティストさんの人となりっていうのは、ひとつのドキュメンタリーになります。そういう部分を知ったうえで音楽を聴くと、今まで聴いていた音楽も少し違った聴こえ方がすると思うんですよ。

アリスそう言うと聞こえはいいですけど、簡単にいうと私へのむちゃぶりですよね。

――“YASHIBU”のMCには慣れてきましたか?

アリスそうですね。最初はちゃんとやろうって気持ちが強かったですけど、良くも悪くもどうでもよくなってきました。今では素になり始めてると思います。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
鈴木“もぐら”悠太郎
  • 鈴木“もぐら”悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称”もぐら” ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年からは「FUJI ROCK FESTIVAL」や「朝霧JAM」といった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。 またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。