MENU
1 2 3 4 5

4つ打ちとか踊れる曲でも、言葉がちゃんと頭に残るように

――“ブックメーカー”って賭けごと(賭博)という意味もありますよね? そこからどう“賭博”の意味も持つ「ブックメーカー」に?

渡辺もともと「ヒットメーカー」っていうタイトルだったんです。僕たちは4つ打ちで流行の曲をやっているバンドです。だから流行のなかで音楽をやっていく=“時代に合わせたものを作っていく苦悩”を、ちゃんと書きたかったんです。だから、時代にあったものを作り出すって意味の「ヒットメーカー」に。ただあまりにもストレート過ぎたんで、 “ヒットを生んでお金を儲ける”ってとこまで崩して、あとはギャンブルって意味も込めて「ブックメーカー」にしました。

――歌詞の中にある“足りない”という言葉は、“自分の言葉が届いてない。だからまだ満足できていない。だから足りない”ということですか?

渡辺そうです。お客さんがちゃんとバンドを観て言葉を聴いてくれているのか。どれくらいアンテナを好きなのかっていう気持ちがもっとほしい。ただそれだけです。「4つ打ちの曲で踊っておけばいい」って感じてる人が居るんだったら俺は満足しない。ちゃんと言葉が届いていない=“足りないよ”ってことです。

――アンテナの“言葉”をきいてほしいということですね。

渡辺4つ打ちが悪いとかじゃなく、アンテナはちゃんと言葉を残したいって気持ちが強いので、4つ打ちのなかでもしっかり言葉を観てほしいし、聴いてほしい。そういう意味で「足りない足りない」。そうやってずっと言ってると自然に(頭に)入ってくるし、「何が足りないんだろう?」ってちゃんと考えてくれるかなって。4つ打ちとか踊れる曲でも、言葉がちゃんと頭に残るように意識しています。

――「言葉を伝える」という点で、意識してるバンドはいますか?

渡辺……いないな(笑)。

一同(笑)

渡辺メジャーだと、星野源さん!  星野さんの言葉の表し方は自分の言葉だし、星野さんにしか言えない言葉。あと俺、SEKAI NO OWARIもずっと同じテーマを歌い続けてるのはすごいと思っています。「心の底からこう思ってます」って伝えられてるバンドは4つ打ちとかライブバンドの方が多いと思う。“お客さんのことを踊らせたい”って思ってるバンドは、それがパフォーマンスと言葉にでるはずだから。でも「このバンドにしか言えないことはなんだっけ?」って意識して観たときに、俺も含めてみんな、誰でも言えることをまだ言っちゃってる気がする。だからこそ、俺にしか言えないことで切り込んでいくバンドにしていきたいです。

――歌詞は先に浮かんでくるんですか?

渡辺歌ってるときに浮かんできた言葉をサビに使っているものもあります。「ブックメーカー」の“足りない”とかは、リズムを取っているときに自然と言葉がでてきて、「これにしよう」となりました!

なかむらサビのメロが先に出来上がってたよね。

渡辺それで“なにが足りないんだっけ”って自分の中で落とし込む。これが足りない。あれが足りない。もっとほしい。こうやって連想ゲームしていきました。「バースデー」はもともとのメロディと歌詞があったなかで、歌詞だけを変更したパターンです。なので曲によります。でも、今作に入ってる曲は割とメロディと一緒に出てきたものが多いですね。

――スッと言葉がでてきたんですね。日頃から本とか読んだりして鍛えているんですか?

渡辺読まないです(笑)。最初に出てきた言葉で、自分がスッとわかるものは、お客さんも耳に入ってきやすいって勝手に思っています。だから割と最初に出てきた言葉は残します。それでも「うーん」ってなるときは、Aメロからサビまで歌詞を練りまくります。

――実際にライブで「俺の言葉が伝わっている」と思う感覚って、場所によって変わりますか?

なかむらそんな変わらないよね。

渡辺うん、東京と仙台はそんな変わらない! 大阪とかはちょっと変わってくるけど。

なかむらそうだね。大阪は変わるね!

――具体的にどんな風に変わります?

渡辺大阪の人たちの方が“ライブハウスが好き”っていうのが伝わってくるかな。良くも悪くもちゃんと観てくれる人が多い。

なかむら大阪の人は好奇心が強い気がしますね。グイグイくるというか。

渡辺良くないものは「いやぁ~」って(笑)。その感じがすごいわかりやすいし、良いものに対しての反応ももちろんわかりやすい。仙台の人も東京の人も内心では良いと思っててもポーカーフェイス。でも大阪の人たちは「これは歌詞を聴いてください」って曲をやったときの表情が豊か。ちゃんとキラキラしてるっていうか。表現の出方が弱いだけで、あとはなにも変わりません。ただ、初めての場所に行ったときは「ちゃんと届いてるのかな……」とはなりますけどね(笑)。

なかむらそこはむずかしいよね~。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
ITK
  • ITK
画像はイメージキャラクターです。常にエンターテイナーでいたい東洋の代表的野菜。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。