MENU
1 2 3 4

耳ざわりに違和感のある残るものにしたくて

――普通はひとつのアルバムに対してリード曲のMVを2つ、3つまでしか作らないように思います。型を破るつもりで全曲MV化計画を始めたんですか?

さわい順番的には「MVを作りたいからフルアルバムを作ろう」だったんですよ。リード曲って概念はなかったですね。いずれ僕らがもっと有名になって、みんな(リスナー)が好きなタイミングでこの曲聴きたいって思ったときに、YouTubeにその曲があがってたらすごい幸せなことじゃないかなと。将来的にちゃんとしたアーカイブとして残るわけじゃないですか。僕らのことを“もっと掘りたい”って思ってくれる人たちが出てきたときに、すごい掘りやすくなるなぁと思って。

――今作『DIE SUKI』でも全曲MV化計画は続けていきますよね。

さわいやります。有名じゃなくても面白い手法を使っていたり、めっちゃギラギラしている年下の映像作家とか山ほどいるんですよね。deronderonderon(以下:デロン)がそういういろんな人たちの発表の場のひとつになれたらいいなと思ってます。

さわいかん(Vo/Gt)

――すごく面白い試みだと思います。どうしてほかのバンドはこういったことをやらないんだと思いますか?

さわい単純に大変なんですよ。やってみたらめっちゃ大変ですよ(笑)。

――なるほど(笑)。ところで、デロンの公式プロフィールにある「DANCE ROCKに大さじ2杯の毒をかけたサウンド」というは誰が考えたんですか?

さわいあれはスタッフが考えました。キャッチフレーズじゃないですけど、耳障りに違和感のある残るものにしたくて。

――個人的に思っていたことなんですが、デロンは耳に残るフレーズというのをすごく意識していますよね?

さわい僕はいい曲を作りたいし、いい詞を書きたいし、やっぱり耳に残る曲にしたいとはすごく思います。けど、それは僕から言うと“結果”であって、そうするためのやり方っていうのをすごく気にしています。それは映像だったり、ライブパフォーマンスだったり、衣装もそうです。

――新しいアーティスト写真もインパクトがありますよね。あのコンセプトは何ですか?

さわいあれは昔の雑誌に載っていた内田裕也さんが元ネタになってます。アバンギャルドなんですけど、やばいなっていうのが一瞬でわかる。意味はそこまで追求しなくていいと思ってて、「こっちはこっちでやる気満々でっせ」っていうのを作りこみたかったので、ああいうかたちになりました。

さわいかん(Vo/Gt)

――あの演出はすべてさわいさんが考えたんですか?

さわいそうですね。衣装はDrink me(@drinkme_tokyo)さんにお願いしました。以前の衣装がスパンコールだったんですけど、早く変えたかったんです。衣装然としてないというか一張羅すぎて、ただ全力でやってる色物としては見られたくなくて。私服ロックとかしたくないですからね。

――私服ロックについて思うところがあるんですか?

さわいもう飽きたっしょ! ラフですごいかっこいいとは思うんですけど、僕らがやりたいことではないなって。僕がやりたいデロン像の中に私服っていうのは入れちゃいけないと思っています。

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。