MENU
1 2 3 4 5 6

一過性で終わらない音楽性の楽曲たちを集めてあげたい

――今作『バイタルリスペクト』の話に移っていこうと思いますが、今作を作り始めるきっかけって何かありましたか?

ロンE.P.でも出している「画家と筆」という曲の歌詞が“オリジナリティもあって、こんな音楽性はどこにもない、とんでもないバンドが出てきた。そういうバンドになりたいから音楽を聴いて……”みたいな歌詞なんですけど、『カウンター』より前の自分の話なんです。『カウンター』くらいの時は音楽がどうでもよくなってたんですよね。ただ、純粋に音楽だけが評価されることへのコンプレックスがすごくあったんです。聴いていないからできないだけだったんですけど、聴いていないからルーツを出せないし。だけど「画家と筆」を書くときに、嫉妬ばかりしている自分が嫌になってきて。それこそ、音楽だけで評価されているアーティスト然とした人たちに憧れていたんですけど。

――嫉妬からくるフラストレーションも大きかったということですね。

ロン僕、パンクは音楽のジャンルじゃないと思っているんですね。自分の歴史と思想を出している人たちがパンクだと思うんです。それが結局オリジナリティであり、ルーツだと思うまでにすごく時間がかかったんです。それまでは、ただ性格を出せばいいと思っていたけど、性格とかじゃないんですよね。歴史と考え、脳みそなんですよね。だから嫉妬をやめて、自分の“内向的でふつふつと煮えくりかえっている感じからの脱出”みたいなものが「画家と筆」で書けて。才能とかに嫉妬するなと言い聞かせるじゃないですけど、哲学を書くことがミュージシャンじゃないの? と自問自答した曲なんです。(このアルバムの)きっかけは「画家と筆」から始まって、その後に「カメの速さで」という曲が出来てイメージが定まりました。

――「カメの速さで」はスローテンポでどっしりとした力強い楽曲ですね。この曲はいつくらいに書けたんですか?

ロンシングルカットした曲を除くと一番最初に出来ました。『バイタルリスペクト』は「カメの速さで」をずっと聴かせるための曲たちを選ぼうというくらいの気持ちだったんですよ、自分は。そこからスタートしたんですけど、自分たちの『カウンター』からのテクニカルな流れも捨てきれなくて、そういうアプローチもなんだかんだ好きなんですよ。ただ、攻撃的なだけじゃなくて、「カメの速さ」を活かすために“一過性で終わらない音楽性の楽曲たちを集めてあげたい”という気持ちが自分の中にあって。

――『カウンター』のときのような他を傷つけるような攻撃性ではなく、音楽的なエッセンスとしての攻撃性。

ロンそうですね。元々攻撃的なサウンドっていうのはメンタルが病んでいたからとか、攻撃的な発言をしたいからやっていたわけじゃなくて。サウンドとしてかっこいいと思っていたからやっていたわけで、そこの良さは急に消したくなかったんですよね。グルーヴィーで攻撃的で、始まり感のある曲ってなんだろうと考えたときに「ファイトクラブ」という曲が出来ました。歌詞は“他人を意識しないで自分を高めていこう”って曲なんですけど、“自画像を見てかっこいいと思って安心するな、どんどん上に行こうぜ”っていう曲で。そして「赤い春」という曲に繋がるんですけど。

ロン「ファイトクラブ」っていう曲の後に、“じゃあ今なにをしているのか?”っていう説明に入ってくるんです。“赤い春”って言ってるんですが、学生とかの“青い青春”とかとは違うんですけど。ある意味仕事じゃないですか、バンド活動というのも。それに、情熱を燃やしている第2段階の春っていうのは、たぎっているから“赤い春”なんじゃないかって。もがき苦しんでいるんですけど、俺の中の第2の青春なんじゃないかなって思って書きました。これは歌詞の内容もそうなんですけど、青春が終わらない奴らってたくさんいるから、そういう奴らに届けたいと思いました。「ファイトクラブ」で指針を示して、そして何をするか、どうするかという説明が「赤い春」になっています。

今作を客観的に聴いたら大野のフレーズが一番変化しているかもしれない

――確かに“若いだけの青春の突き抜けるような感覚”とは全く違う、ジリジリとした熱を「赤い春」からはすごく感じます。今作と前作とでは音の質感、アレンジもだいぶ変わりましたよね。前作は各々が思うがままに絵を描いていたイメージでしたが、今作は役割分担をして全員で1枚の絵を書いているような。

ロン今回フレーズ、アレンジはメンバーにデモを渡した段階でアイデアがどんどん出てきたんです。それが自分の中のイメージとほとんど変わらなかったから、アレンジもどんどん進んでいきました。後は『カウンター』では音の反省点もあって。ただひたすらに痛いという音を作ろうとしていて、パンチでしかない無意味なハイファイ感があったんです。僕たちハイに対してはこだわりを持っているんですけど、ハイって一歩間違えると耳に痛くて不快な音になるんですね。だからマスタリングの時とかもエンジニアさんと協議を重ねて。結果音質的には自分たちの実力を超えずに、ハイを変な加工もしないでピッチも変えずそのまま出したんだけど、耳が痛くなくて聴き続けられるものになりましたね。

――アレンジもスムーズに進んだようですが、実際どうでしたか?

北原そうですね。スムーズにいったというよりは、意思の疎通が前よりはよくできるようになりましたね。だから、そういう意味ではバンド感のあるCDが出来たんじゃないかなと思います。

――確かにバンド感という意味では相当増してますよね。音の引き算がすごくうまくなったことによって、聴かせたい音が明確になった気がします。

Kouそうですね、バンド感はすごく増していますね。一枚岩になったというか。そういう風になった要因の1つとして、以前に比べてデモ段階の曲が元々弾き語りの曲とかもあったので情報が少ないんですよね。その情報の少なさ故に発想が出てきやすくなったというか。『カウンター』からの1年、2年いかないくらいの期間で、フレージングに対する感の良さとか単純に技術だったりという経験値も積んできて。それがうまいこと4人合わさったのかなと思いますね。

――大野さんどうですか?

大野うーん、今言われてしまいましたね(笑)。

ロンでも、今作を客観的に聴いたら大野のフレーズが一番変化しているかもしれない。弾きまくっているっていうのは1つのアイコンだったと思うんですよね。まぁ今でもギターソロとか、とんでもないフレーズ弾いてたりするんですけど。サビは単音抜いてストロークで合わせてきたり、やっぱりアレンジが歌メインに自然となっているのは、マインドが通じてきているからだと思うんですよね。

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤 啓太
  • 伊藤 啓太
音楽好きの家庭育ちの次男。某CD屋からスタートし事務所、ライブハウス、音楽誌、流通、イベント制作と渡り歩いた業界屈指の決定力のない器用貧乏。