MENU
1 2 3 4 5 6

或る感覚が12月3日に2ndアルバム『バイタルリスペクト』をリリースし、既に各所で話題になっている。1stアルバム『カウンター』で強烈なインパクトと共にシーンへ登場した彼ら。あれから1年以上が経ちリリースされた今作は、前作を“黒歴史”と言い切れるほど言葉も音も深みを増している。攻撃的なサウンドと共に、歯に衣着せぬ発言も度々話題になっていたが、その発言の真意、前作から今作にかけての変化、そして今作『バイタルリスペクト』に込めた思いを訊いた。

[メンバー] ロン(Vo/Gt)Kou(Ba)北原ジャンクション(Dr)大野(Gt)
[取材・文] 伊藤啓太

“閃光ライオット”に出たとき、解散が決まってたんです

――まずは結成に関して教えてもらえますでしょうか。

ロン高校生の頃にKouと“大人の遊園地”っていうポストロック寄りのバンドを組んでいました。そして東京に2人とも上京する事になったんですけど、ドラムが進学優先っていうことで脱退したんです。その後、自分が進学した大学のサークルで大野と北原に会ったんですけど、サークルには入れずに引き抜きました。それが始まりですね。

――ポストロック寄りとのことですが、当時はボーカルがいるバンドだったんですか?

ロンそうですね。スリーピースだったんですけど、SUPERCARとか日本のシューゲイザーテイストのバンドも好きで、歌もありました。或る感覚になってからガラっと音楽性は変わりましたね。

――この4人でバンドを組むときに例えば“こういうバンドのような音を出したい”とか、そういう話しはしましたか?

ロン意外とないですね。最初は前身バンドの流れで変拍子入れたり、ポストロックとかマスロックみたいなことをやっていたんです。歌ものでありつつ、テクニカルなことをしていこうっていうなんとなく暗黙の了解みたいなものがありましたね。当時は気取って音も暗いし、青い照明が似合うような音だったんですけど、だんだんパンクとか人間味のある泥臭い音に傾倒していったんです。

――そして或る感覚としてスタートして、“閃光ライオット”というイベントに出演した事は、その後のバンド活動にも少なからず影響を与えたと思いますがいかがですか?

ロンそうですね。“閃光ライオット”に出たとき、解散が決まっていたんですよ、このバンド。仲が良かったわけでもなく、何をしようっていって組んだバンドじゃないし。でも、“閃光ライオット”で少し話題になったことがモチベーションになったのもあって、続けることになったんですよね。それがなかったら、もしかしたら解散していたかもしれないです。

――注目されたことがモチベーションになった。

ロンなりましたね。今見返すと10代感満載ですし、優勝もできなかったんですけど。あの時のライブを観てくれた人で「優勝でも良かったんじゃないか」って言ってくれる人もいたし。これで解散するのは負けたまま終わるような気がしたんですよね。

「ヒーロー」って曲があるんですけど、黒歴史ですね(笑)

――そして1stアルバム『カウンター』に繋がっていきます。今振り返ってこの作品はバンドにとってどんな作品でしょうか?

ロンそうですね、衝動的に作ってしまった……しまったっていう言い方になってしまうんですけど。(当時)今ある曲の上から9曲をバーっと録って入れた感じですね。何がかっこいいとかダサイとかも自分たちであんまり深く考えてない状態で、とりあえずフラストレーションの解放みたいなものが全面に出てました。とりあえず“勢いで出しました”みたいな。スケジュールもカツカツだしアレンジも詰め切れてなくて、歌詞もメッセージが特にない曲もあって。あれが若いっていうことなんでしょうね。当時は同い年くらいで注目されているバンドに追いつこう追いつこうと必死でした、闘争心剥き出してこの1枚で追いつくぞって。

――大野さんはいかがですか?

大野『カウンター』ですか? 「ヒーロー」って曲があるんですけど、黒歴史ですね(笑)。

ロン(ヒーローは)ゲーム音楽のピコピコ感が好きで、ギターであの感じを出そうと“ロックマン”をイメージして作ったんです。でも、本来ルーツはローファイなとこからきているのにすごくハイファイなものを出してしまったなと。ルーツを一切感じさせない作品になってしまったのが反省点ですね。

北原周りが見えてなかったですね。付け焼き刃でもいいからまずは出して、でもそこら辺のバンドよりかっこいいことやってるだろって攻撃して(笑)。そういうことでしか注目されなかったんです。でも今はそういうふうには思っていないから、当時は若いというか青かったなって思えますね。

――もう当時の自分たちは達観できているということでしょうか。

ロンやっぱり当時より音楽を聴くようになって、(『カウンター』を)聴き返したときに(当時)自分が思っていたより深くなかったから、もっとやれたなと今は思います。でも、その浅さ故の衝動感みたいなものはすごくあるので、聴いてくれた人はそこに刺激を感じてくれたのかもしれないですね。形はちょっとふてくされてますけど、当時は全力だったし今は出せないものがつまってますね。

――Kouさんはどうでしょうか。

Kou『カウンター』があったからこその今作、『バイタルリスペクト』だと思っていますね。みんなが言っている黒歴史的なところも多いんですけど、捨てたものではないというか、進化の過程を見ているような。全力でやっていたなと思います。

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤 啓太
  • 伊藤 啓太
音楽好きの家庭育ちの次男。某CD屋からスタートし事務所、ライブハウス、音楽誌、流通、イベント制作と渡り歩いた業界屈指の決定力のない器用貧乏。