MENU
1 2 3 4 5

一人一人が超カッコいいと思うものを集めたら絶対面白い事が起きる

――様々なアイデアを出して、“下北沢にて”を街に浸透させていくためのコンテンツが今年は今まで以上に多いですね。そして、もちろんメインのコンテンツはバンド、ミュージシャンを中心に、お笑い芸人、劇団などが出演しますね。

金田ライブペイントもあります。お笑いと音楽と絵と舞台と、下北沢に溢れているカルチャーが揃っている。

――始めた当初は“俺たちの仲間を紹介する”っていう意識だったと思いますが、今はブッキングするにあたって何かルールってあるんですか?

金田大枠は変わらないですね。特に今年は2年ぶりっていうのもあるから仲間も増えたし。俺とツネ的には、ラブ人間は新しいメンバーが入ったんで、あいつらが呼ぶバンドは正直初めて観たりするから楽しいね。

金田康平(歌手)

――そこは作業分担しているんですね。

金田呼びたいバンドを1人何組かずつ出して、そしたらもうカオスじゃん。だから面白い。他のイベント、特に夏フェスとかって全部一緒だからね。人気のバンド、(レーベルや事務所が)今年売り出すバンドが出る。つまりショーケースの在り方だけど、俺たちは自主企画だから。プレゼンとかではないから、相変わらず一人一人が超カッコいいと思う音楽とかお笑いとか絵を書く人とか劇団を集めたら面白いこと起きるでしょ、それだけです。

――他には個人的にでもいいですけど、何かありますか?

金田今年は曽我部さんが初めて出演してくれる。これは嬉しいな、鈴木茂さんも出るし。面子を言っていったらキリがないけど、今年は超ヤバい。街との関わりもそうだけど、やっぱり出ているバンドが本当に俺たちにしかできないなっていうのが伝わると思う。フライヤー見てニヤけるよ。あ、これ俺たちが呼んだんだって。後は、今回ドコモショップでもライブやります。

――あの駅前の? え、どういうこと(笑)?

金田やばいっしょ(笑)。ドコモショップが今年は無料ステージになります。言い出したらキリがない、全ブース面白いや。

音楽ってなんでも超えれるんだよね

――ただバンドを集めたイベントとは違ったベクトルの様々な思いが、“下北沢にて”には詰まっていると思います。この“下北沢にて”を通して伝えたいことってありますか?

ツネ・モリサワ(キーボード)

ツネ面白いことを始めるとか、何かをやるっていうのは「絶対自分から始めなきゃ何も起きないよ」っていうのを自分は思っていて。それを伝えようっていうわけじゃないんですけど、自分が今やっていてそう思うんですよね。商店街の人たちと絡んでいく中で、最初から全てがすんなりいくわけじゃない。でも、そういうコミュニケーションが大事なんだなって、今回特に思いました。最近の会話とかってメールとか電話であったりがベースだと思いますけど、会いにいって、顔を覚えてもらって、その度にあれこれ言われて(笑)。でも自分はこう思っているっていうのを伝えていくことで、5年目にして色んなことができるようになったし、出会いもたくさん増えた。金田もさっき言ってたけど、待ってても何もできないからっていうのは(伝えたいこととして)あるかな。みんなやってほしいんですよね、こういうイベント。俺たちしかできないと思っている人もいるかもしれないけど、みんなできるんですよね。それをみんなやったら音楽がもっと面白くなるかなと思います。

金田1番燃えるのは、俺達のこのやり方を否定するようなイベントが出てきたりしたら、めっちゃ燃えるんだけどね。

――カウンターとして。

金田昨日、八十八ヶ所巡礼のマーガレットと話していたんだけど、「ほんとにラブ人間のやり方って全部気に食わないんすよ」ってマーガレットは言うのよ。音楽的な在り方もライブの在り方も歌詞的な在り方も、見た目も(笑)。「絶対これはダサいって思うことを全部やっていて、でも金田君と俺ってめっちゃ仲良いじゃないですか」って言ってて。俺は彼らの音楽などを好きだし否定しないけど、八十八ヶ所巡礼のやることは絶対俺はやらないことで。それでも繋がっているってことは、音楽ってなんでも超えれるんだよね。

――すごく健全なコミュニケーションですね。

金田お互いをリスペクトしていて、お互いを否定しあっているうえでめちゃくちゃ仲がいいって1番濃い関係だなと思った。だから名指しで「お前らのやり方気に食わない」ってイベント出てきたら面白いね、てか燃えるっす。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤 啓太
  • 伊藤 啓太
音楽好きの家庭育ちの次男。某CD屋からスタートし事務所、ライブハウス、音楽誌、流通、イベント制作と渡り歩いた業界屈指の決定力のない器用貧乏。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。