MENU
1 2 3 4 5

テーマは“祭り”

――なるほど。そして今年は“下北沢にて”5周年になるわけですが、まずテーマは?

金田“祭り”

――回答が早い(笑)。

金田フライヤー見た? “祭り”でしょ(笑)。なんか冬に法被着てたり、提灯がぶらさがっていたり、“夏祭り”みたいなものをやっていたら楽しいなって思って。だから今年は“祭り”。「法被着て神輿担ぎてー」みたいな。

ツネ5年目になるんで、毎年やっていくうちに商店街の人だったり、店舗さんとかとも仲良くなってきたけど、地域の人たちが結局“下北沢にて”を知らないから。知ってる人は知ってるけど、下北沢に当日たまたま遊びに来た人が「あれ?  なんかやってんな」って思える。そういう演出をすることで、「何このイベント、面白そう」って思えるように活気付けばいいなって。

――街にのぼりが出始めたのは2012年からですよね。あれはかなりインパクトありましたけど、では今年は街にもっと大きな仕掛けを考えている?

金田康平(歌手)

金田今年は神輿作ってます。

――神輿!?

金田神輿作っているし、一般の人に何かやっているって思わせるような仕掛けは……せーのっ

金田ツネパレード!

――パレード!?

金田2012年の時にクンクンニコニコ共和国にチンドン屋みたいな感じで、そこら辺回ってもらったんですけど、それをやった時に苦情が来たの。苦情がきて残念だと思ったけど、これを公式でできたらすごく意味があるなと。ちゃんと音楽だし。

――内容に関して詳しく教えてもらえますか?

ツネfoodium前に野外ステージを作るんです。それも今年からの新しい挑戦なんですけど。

金田無料野外ステージ。これも一般のお客さんに何かやっていることを知らせるためのものの1つなんだけど、そこをスタートにしてパレードを始める。そこからピュアロード商店街までパレードをする。そして曲は何が良いかなと思ってたんだけど、やっぱり「上を向いて歩こう」でしょって。そして、それを歌ってくれるのが坂本九さんの娘さんの大島花子さん。

――へー!  それは素敵ですね。確かに「上を向いて歩こう」は誰もが知っている楽曲だし、それを大島花子さんが歌うというのはすごく興味深いですね。1つ質問ですが、ラブ人間の楽曲ではなく「上を向いて歩こう」にしようと思ったのはなぜでしょう。

金田あー。あんまり深く考えてないけど、どうしようかなって考えている時によく聴いてた。「上を向いて歩こう」の歌詞ってすごくいいんですよ。1回も頑張れって言わないのにめっちゃ頑張れソング。だからいいんだよね。

――泣きながら歩いてるもんね。

金田そう。めっちゃいいんだよ。聴きすぎていたから、楽曲どうしようかってなった時にポンと出て。それがまさか偶然大島花子さんまで繋がるとは思ってなかったけどね。後は悔しいけど、俺たちがめっちゃ人気だったら俺たちの曲でもいいけど、やっぱり一般の人の耳につくのは坂本九さんでしょ。直感だったけど。

――確かにすごくしっくりきますね。

金田丁度いい、気持ちいいの出たよね。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤 啓太
  • 伊藤 啓太
音楽好きの家庭育ちの次男。某CD屋からスタートし事務所、ライブハウス、音楽誌、流通、イベント制作と渡り歩いた業界屈指の決定力のない器用貧乏。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。