MENU
1 2 3 4

これだけ時間をかけても自分たちの曲に飽きなかった

――なるほど。そうやって自由に録るには、それができる環境も大事ですよね。今回のレコーディングエンジニアはどなただったんですか? スタジオはどちらで?

オオノ三木肇さんというZoobombsとかを録られてる方で、その方が自由に使えるところをお借りして録りましたね。

――強力な味方ですね。今回そのように自由にやってみて、いかがでしたか?

オオノうーん、中間がいいですね(笑)。ある程度の制約はやはりあったほうがいいですね。1回やってみて発見したこともたくさんあったので、無駄だったとかは思ってない。

ヤスダやりたいことをできたのは良かったね。精度という面ではかなり高くできたと思いますね。

オオノ時間かけただけあってかなり良いものができたと思います。

アサイ今作で“凄いな”と思ったのは、これだけ時間をかけても自分たちの曲に飽きなかったってことですね。それだけのものを作れているんだろうなと思います。だいたい同じ曲を何回も聴いたら嫌になってくるじゃないですか。

オオノ好きなんじゃないの?

アサイあれ? 好きかもしんない(笑)。

――なるほど。それでは……。

ヤスダねえねえ、1曲目「ディストーションフール」ってどんなイメージで録ったの?

一同え?

オオノえっとぉ、“シンプルに”とは考えたかな。ギターとテルミンくらいで、重ねた音もそんなにないし。

ヤスダ誰かをイメージしたりした?

オオノえ、それはないかなー。うーん、ちょっただけジョンスペ(The Jon Spencer Blues Explosion)は浮かんだかも。

ヤスダやっと出た! こういうのもインタビューにあったほうが読んでる人はイメージが湧きやすいのかなと思って。

アサイあはは。というか、このバンドっておそらく3人ともそうだと思うんだけど、曲を演奏していてるときに“誰かをイメージする”とか“誰かっぽく”とか考えてないように思うんだけど、どうかな? イメージしようとしても誰もイメージできないというか。

オオノそれはそうだね。

――確かに誰々っぽいっていう説明はしづらいバンドですよね。

オオノそれは嬉しいことですね。

ヤスダちょっと話がズレるかもしれないけど、曲を作ってるときの思考がシンプルだよね。それぞれやってることがすごくわかりやすい。初心者でも叩けるドラムパターンだったり。

オオノ1曲目のベースも文化祭で弾けそうだね(笑)。

アサイいや、全曲文化祭で1年生が弾けると思うよ(笑)。

オオノそうしたらギターだってそうだよ!(笑)

ヤスダ俺でも弾ける?

アサイうーん、表面上はね(笑)。いろんなギミック入れてるからねえ(笑)。ベーシストでたまに気づいてくれる人がいるくらいだけど(笑)。それぞれのやってることって、例えばタブ譜なんかにしたらすごく簡単だと思う。それはセッションとかして曲を作ってて、最終的に出来上がるものが口ずさみやすいものだったり、シンプルな材料で遊ぶことが演る側にとっても聴く側にとっても、きっと楽しかったりするからだと思う。それもあってか“誰っぽい”っていうのがあんまりないのかもね。

ヤスダそういうギミックって今回のCDにも入ってるのかな!?

アサイたぶん入ってる! 2年前だからよく覚えてないんだよなあ。

ヤスダちょっとちょっと!(笑) 飽きなかったんでしょ?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
アサイ タクロウ
  • アサイ タクロウ
RinkyDinkが発行するインディーズミュージックマガジン『depOn』編集長。時代の波に華麗に(?)乗り、紙面からWEB上へ活動の拠点を移した。自身もバンドマン。編集者とバンドマン視点でバンドを紹介!