MENU
1 2 3 4 5

“自分もロックバンドやりたい!”と思えるもの

――salsaは今後どうなっていきますか?

鈴木「VERY VERY HARDCORE」ですかね!(笑)またアルバム作って、面白いイベントやって。面白いと思うことを一個ずつやろうと思います。それにつきますね。

――イベント多いですよね。

鈴木面白いことやりたいというだけですね。イベントに関しては、自分が遊びに行くことがけっこうあって、「もっとこうしたほうが良いのにな」と思うこともたくさんあって。それをどんどん実現して楽しいイベントをやろうと思ってますね。

――例えば、ちょこっと教えていただけたりしますか?

鈴木そうですねえ、まだそんなに多くない時期だったと思うんですけど転換中にDJ入れてみたりMCとして喋ってみたり、とか。バンドがただ次々演奏して、たんたんと進んで、というものにすると下手をするとバンド名も覚えてもらえなかったりするので、退屈しないように、とか楽しいものにしていこうとずっとやってきましたね。本当にちょっとしたことなんですけど大事ですよね。ライブハウスってこういうもんでしょ、みたいな慣習はちょっとつまらないな、と思いますね。フードを出すとかもそうですね。

――なるほど。確かに今でこそ多い形式ですけど、早くからsalsaのイベントではそれが実行されてましたね。

鈴木「意思のあるイベント」にしたいんですよね。バンドの出演順についても、こういう理由でこうだからこういう順番なんですよ、という意思をきちんと乗せる。細かい部分でもね、いろんな意思をね。

――アルバムの意思についてはどうですか?

鈴木何度も何度もリピートしたくなるような曲順にしてます。おかわりしやすいもの!

――確かに!

鈴木アルバムの意思については、実は自分の中に大きなテーマがあって。「中学生や高校生とかが、初めてバンドを聴いて、“自分もロックバンドやりたい!”と思えるもの」を作りたいというのはありましたね。これは自分がバンドをやってる理由の中で、最近かなり大きなテーマですね。

那須やっぱり、若い人に聴いてほしいですね。

鈴木いろんな知らないことを、その中でも驚くようなこと、そうだな、「メーターが振り切れてるようなもの」を、若い人には知ってほしいし、自分たちも知っていきたいね。つまりハードコアなものを。

――数の子って、ニシンの中にあんなにいっぱい入ってるの!? とか(笑)。

鈴木いやあ、あれはハードコアでしたね。築地はハードコアがたくさんだね。見てほしい(笑)。

那須さらに言えば、華やかな場外市場ばっかり見てないで、場内市場に入ってその様子を見てほしいですね。それで、あの発泡スチロールをガンガン潰していく人たちを見てほしい。しかもあの人たちは発泡スチロールを「発泡」と呼んでいることを知ってほしい!

一同あれはハードコア以外の何物でもなかったな!!!!!

鈴木場内こそハードコア!

ライブ情報

『VERY HARDCORE』リリース記念企画

“わちゃごなどぅ?レコ発スペシャル!”
2015.06.04(木) 東京・新代田FEVER
OPEN 19:00 / START 19:30
ADV ¥2,000 / DOOR ¥2,500
(1ドリンク代別)
salsa / 撃鉄 / THEラブ人間

『VERY HARDCORE』レコ発ツアー“わちゃごなどぅ?全国編”

2015.06.20(土) 北海道・札幌SPIRITUAL LOUNGE
2015.06.21(日)
北海道・札幌161倉庫
2015.06.27(土)
宮城・仙台Flying Son
2015.07.03(金)
愛知・名古屋Daytrip
2015.07.11(土)
福岡・薬院UTERO
2015.07.12(日)
長崎・佐世保DAZZLE PUZZLE
2015.07.17(金)
大阪・難波ROCKETS
2015.07.18(土)
静岡・騒弦
2015.07.19(日)
長野・伊那GRAMHOUSE

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
アサイ タクロウ
  • アサイ タクロウ
RinkyDinkが発行するインディーズミュージックマガジン『depOn』編集長。時代の波に華麗に(?)乗り、紙面からWEB上へ活動の拠点を移した。自身もバンドマン。編集者とバンドマン視点でバンドを紹介!