MENU
1 2 3 4 5

好きにやってて、好きな人たちが観にくる、という適切な関係性

――バンドの姿勢にもつながっているわけですよね?

鈴木それはもちろん! リンクしない言葉を出してもしょうがないですからね。

――収録曲から得られたタイトル、というよりは……。

鈴木そうですね、(我々という)人間から。

佐藤「HARDCORE MAN」ていう案もあったよね? あれ好きだったな(笑)。

一同(笑)

鈴木これは、アルバムのタイトルというか我々の姿勢……。

那須と、好みですね。

――salsaを見たり聴いたりしていて、攻撃的な印象もあるけど包容力もある、という不思議な感覚になります。例えば、反骨心みたいなものってあるんでしょうか?

鈴木何かのアンチでやっているつもりはないですね。

那須もちろん、嫌なことはあります。でも、それに反抗するためにやっているバンドではないですね。

鈴木例えば、流行のものに対して「逆なことをやってやろう」とかそういう気持ちも全然ないですね。

那須俺はけっこう嫌いなものがあるかも(笑)。流行よりこっちを聴け! って思ってしまうことはありますね(笑)。

鈴木流行りのものを良いと思わない、ということはよくありますけど……、でも、それは風景としか見ていないというか。

那須あ、流行るものをその場所に落とし込んでいこうというシステムはすごく嫌いですね。

――ライブとか観ていると、怒りという感情も感じます。歌詞にそれはないかもしれないんですけど、同調したくなるものがあるんです。ちょっと難しい質問ですが、この点についてはどう思いますか?

鈴木ああ、なるほど。それは言われますね。

佐藤発散、撒き散らしているものはあるかもしれないですね。

那須いろんなバイアスに対して「関係ねえ!」というのはあるかもしれないですね。

――なんというか、直球……。

鈴木ああ、それですね。お客さんに対して上からでも下からでもない位置から直球を投げてる。好き勝手やるんで、楽しみたい人は楽しんでください、という。もちろんそれで好きになってくれたら「ありがとう」と思います。こちらから「好きになってください」とお願いしてないので、それはとても感謝してますね。でも、物好きだな、とは思います(笑)。

――ハードコアですね!(笑)

鈴木好きにやってて、好きな人たちが観にくる、という適切な関係性。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
アサイ タクロウ
  • アサイ タクロウ
RinkyDinkが発行するインディーズミュージックマガジン『depOn』編集長。時代の波に華麗に(?)乗り、紙面からWEB上へ活動の拠点を移した。自身もバンドマン。編集者とバンドマン視点でバンドを紹介!