MENU

 

新曲「ON AIR」についてミニインタビュー!

[メンバー]
POPO(Vo/Gt) Kenji(Gt/Cho) Masato(Ba/Cho)

“ROOZERらしさ”に縛られていた

――今回レコーディングした新曲「ON AIR」について教えてください。

POPO「ON AIR」ができて、世の中にある楽曲の聴き方が変りました。明らかに明るい感じの曲って今までのROOZERにはなかったので、その辺は攻め込めたかなって思います。

――新しいROOZERを見ることができる楽曲ということですね。

POPO最近まで“ROOZERらしさ”に縛られていたような気がするんです。曲の細かい部分や身の振る舞いについてもガチガチに囚われていて(笑)。それを一回忘れて、伸び伸びやっていこうって話し合ったんです。そうしたら気が楽になって一歩踏み込んだ曲ができる作れるようになりました。

MasatoPOPOは「こういうバンドでありたい」、「こういう楽曲をやっていきたい」っていう固定概念が強かったね。

日本的な表現や、女々しさを出せるようになった

――自分達を縛っていた“ROOZERらしさ”とは具体的にどんなものですか?

POPO僕は歌詞にNGワードを設けていて、イメージを限定してしまう言葉を使うのは避けていたんです。十人十色に違う印象の取り方をして欲しくて、抽象的な書き方をしていました。けど、最近作っている曲は実体験を元に書いているんですよ。

Masato今まではPOPOが作ってきた曲はROOZERらしいシャープでソリッドな感じとか、男らしさみたいなものを意識していたと思うんですよね。でも、「SEKILALA」あたりから日本的な表現や、女々しさを出せるようになったと思います。「ON AIR」を合わせていたスタジオでも「俺たちがこれをやっていいのか?」っていう話し合いはありました。

――Kenjiさんはこの「ON AIR」についてどういう思いがありますか?

Kenji一番苦悩したのは僕ですね(笑)。コードがマイナー進行の曲が得意だったんですけど、メジャー進行の曲ができてきたので、自分の中ではチャレンジでした。限られた条件の中でも自分らしさが滲み出せたらという思いでリードギターを弾きました。

POPOもしもこの曲を一年前に作っていたらボツにしていたかも知れないです。でも、今やったらケミストリー(化学反応)が起きるんじゃないかって期待があってやることにしました。

ROOZER

 

 

 

まとめ

精力的な全国ツアーを終え、バンドとして一区切りついたと語るROOZER。コンピレーションアルバム『宇田川コーリング』に収録されている新曲「ON AIR」は、自らが作っていた殻を破り、新たな挑戦をした楽曲です。

そして来る12月16日、2ndアルバム「EVERGREEN」をリリースすると発表! 同時に新宿MARZにてリリースパーティーも開催! 是非足を運んでみてください。

宇田川コーリング レコ発ライブ グランドファイナル

2014年10月5日(日)
渋谷CHELSEA HOTEL
「宇田川コーリング レコ発ライブ グランドファイナル」
開場:12:30 開演:13:00
出演:WIP / エルカ地平線 / キリクと魔女 / he quilt / ジュノラマ王国 / THE天国カー / noum / Helsinki Ramadan Club / POLTA / ミケトロイズ / 密会と耳鳴り / ROOZER
チケット:一般発売 8月16日(土)
プレイガイド:イープラス
問)CHELSEA HOTEL:03-3770-1567

 

 

関連リンク

ROOZER公式サイト
ROOZER公式Twitter
ROOZER公式Facebook
宇田川コーリング公式サイト
LD&K公式サイト

 

 

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!