MENU

ゆるくふわっとした空気と裏腹に、芯が通ったフォークロックを展開しているプププランド。そんな彼らの3rd アルバム『CRY! CRY! CRY!』が12月6日(水)に発売された。今回はそれを記念して、『CRY! CRY! CRY!』のディスクレビューと、記念すべき一夜となった“プププ イン ザ ワンダーランド”のライブレポートをお届けしたい。

『CRY! CRY! CRY!』ディスクレビュー

泣いてもいいんだよ、と許してくれる世界

2nd アルバム『Wake Up & The Light My Fire』から1年以上の時を経て私たちのもとに届く『CRY! CRY! CRY!』。前作のロックン・ロール色が強かったことや“!”が3つも付いたアルバムタイトルから、今回も「泣けよ!」と熱く叫ぶロックン・ロールなのだと思っていた。しかし、その想定は180度裏切られる。もちろん、いい方向にだ。

1曲目の「きみの春になれたら」から繰り広げられるフォークミュージックは、今が2010年代であることを忘れてしまうほどにオーセンティックで優しい。ハイテクなエフェクターを駆使し同期を多用した最先端の音楽ではなく、楽器本来の音を活かすように組み立てられた音楽。それゆえなのか、初めて聴いた瞬間から音が体に溶けていくような感覚に陥った。“小細工をせずに伝える”というプププランドらしさは、遠回りをしない日本詞でも健在だ。今どき<骨の髄まで愛して>と何度も使い古されたであろう文言を歌詞にいれるバンドは、そう多くないだろう。「メトロ」や「ミスタームーンライト」などの曲を経てフォークを磨いてきた彼らだからこそ、創り上げられる音楽が間違いなくここにある。

泣きたい夜に<クライベイビー>と寄り添ってくれるプププランドが2017年にいて、本当に良かった。

リリース情報

『CRY!CRY!CRY!』
NOW ON SALE
¥2,000(税抜)

[収録曲]
01. きみの春になれたら
02. サンゴーズダウン
03. 骨まで愛して欲しいだけ
04. そして今日からもう一度
05. 知らない歌
06. Cry Cry Cry
07. ひだまり
08. スローなブギで
09. あすのせかい

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
坂井 彩花
  • 坂井 彩花
元楽器屋のお姉さんの経験を持つ音楽ライター。感情に働きかける文章が得意。中高で吹奏楽部、大学で軽音楽部に所属していた典型的な音楽だいすきっ子。積極的にいろいろなライブに出向いてはライブレポート等を書いている。