MENU

青春の輝きというものは、いつだって一瞬だ。若者だけに許された甘美な時間は、甘くはじけてちょっと刺激的でまるでサイダーのよう。7月26日に東京・下北沢CLUB251で行われたサイダーガールのワンマンライブ“ぼくらのサイダーウォーズ2”
は、そんな青春の輝きを濃縮したような時間だった。

キラキラとした眼差しがステージに注がれるなか、メンバーは姿を現した。彼らの姿を見つけると、誰に促されたわけでもなく自然とクラップが会場を包む。幕開けを飾ったのはギターのアルペジオで始まる「群青」。夏のかけらを一つひとつかき集めているような熱いエネルギーのこもった演奏で、1曲目にも関わらず会場は熱帯夜のような空気に包まれた。続く「オーバードライブ」で、その熱はさらにまっていく。

MCでYurin(Vo / Gt)が「本日、メジャーデビューです!」と話すとフロアには「おめでとう!」の声が溢れた。幸せムードのなか、疾走感あるライブが続いていく。「光って」はイントロとメロの対比が色濃く描かれた一曲。アップテンポでも勢いに頼らず、グルーヴを保ってキメをしっかりとはめてくる姿はさすがだ。ギターのクリーンな音色が波の煌めきを描く「茜色」、ギターのダウンピッキングが淡々と鳴り響く「アジサイ」と曲は続いていく。

「滅多にやらない曲を持ってきたので聴いてもらっていいですか」という紹介で始まったのは「橙の行方」。腹に響くパワフルなバスドラムの音は、今回のライブに対する気合を音でそのまま伝えているようだった。スネアドラムの連打で導かれたのは「空にこぼれる」だ。誰に促されるわけでもなく沸いたクラップに、メンバーは満足そうな表情を浮かべ、一気に音の勢いが増した。ファンの応援に応えてライブのクオリティがあがる様子こそ、彼らがファンの姿を力にして頑張ってきた何よりの証拠と言えるだろう。勢いを増したまま、間髪いれず「アイヴィー」へと繋がれる。フジムラ(Ba)が会場をこれでもかと煽り、この日いちばんのクラップがライブハウスに鳴り響いた。

知(Gt)が「メジャーデビュー記念ということで特別映像を用意してきました」と告げ、上映されたのはサイダーガールの初ライブ映像。3年前の初々しい姿に、観客からは「可愛い!」との声が上がる。かつての自分たちの様子を眺めるメンバーの姿は、どこかくすぐったそうだった。上映会が終わり、曲名がコールされるやいなや歓声が上がったのは「くじらの街」だ。歌謡曲のようなリードギターのメロディが会場に艶っぽく響く。続く「ドラマチック」では勢いのある王道なギターロックを披露した。ラストを飾ったのはメジャーデビューシングルのリードソングである「エバーグリーン」。待ってましたとばかりに多くの手が天を仰ぎ、ファンとメンバーでライブを作り上げる。青春の輝きを濃縮したような煌めくステージを繰り広げ、「ありがとうございました!」と声高らかに叫びステージをあとにした。

大きなアンコールを受け、メンバーはステージに呼び戻される。アンコールで披露されたのは、大人っぽいスロージャズの「寝ぐせ」。センチメンタルなギターのメロディが、さっきまでの勢いに溢れた彼らと対照的な色気を生み出していた。「最後に1曲だけやります」という宣言で始まったのは、ギターのカッティングが気持ちいい「NO.2」だ。音の重なりの気持ちよさを見せつける演奏をし、記念すべき一日を締めくくった。

途中のMCでYurinは「メジャーデビューは単なる通過点、スタート地点。もっとたくさんの人と大きなところに行きたい」と語っていた。3年という月日を、炭酸のようにハジケル勢いで駆け抜けてきたサイダーガール。そんな彼らがより多くの人に、甘く儚く刺激的な世界を届けるその日が今から楽しみだ。

photo by 結城さやか

サイダーガール / 「エバーグリーン」

リリース情報

『エバーグリーン』
NOW ON SALE
¥1,200(税抜)

[収録曲]
01.エバーグリーン
02.光って
03.茜色

イベント情報

“サイダーガールTOUR2017-2018 サイダーのゆくえ-JUMP ON THE BANDWAGON-”
2017.11.18(土) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
2017.11.19(日) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
2017.11.26(日) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
2017.12.03(日) 北海道・札幌COLONY
2018.01.14(日) 福岡・LIVE HOUSE Queblick

関連リンク

サイダーガール公式サイト
サイダーガール公式Twitter
サイダーガール公式Instagram

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
坂井 彩花
  • 坂井 彩花
元楽器屋のお姉さんの経験を持つ音楽ライター。感情に働きかける文章が得意。中高で吹奏楽部、大学で軽音楽部に所属していた典型的な音楽だいすきっ子。積極的にいろいろなライブに出向いてはライブレポート等を書いている。