MENU

ツインドラムのインストロックバンドjohannと、圧倒的ライブパフォーマンスで全国各地にその名を轟かせているバンドLiaroid Cinemaが、2月に発売したスプリットアルバム『話灯』のリリースパーティーを、4月19日(日)東京・渋谷TSUTAYA O-nestで開催する。

この『話灯』は、単にスプリットアルバムのタイトルになっているわけではなく、「多方面で活躍するアーティストと、リスナー全員で1つの作品を作り上げる」をテーマにした両バンドによる共通プロジェクトの名前でもある。今回のイベントは、リリースパーティーでありながら、リスナーとの繋がりを築き上げてきたプロジェクトの集大成の場になるといえるだろう。

話灯とは

何かを表現し、発表するということは様々な人々との出会いや繋がりがあるからこそ可能なことだと思います。

その出会いや会話の中から生まれた新しい小さな灯りを繋いでいき、それが大きな花火になり、沢山の人達に驚きや感動、楽しみを与えることができたら。

そういった願いを込めてこの名前を付けました。

「話灯」MVより引用

johann × Liaroid Cinema / 「話灯」

2014年12月12日23時には、それぞれが感じる「話灯」がツイッター上に!

プロジェクト話灯の一環として、各々が感じた「話灯」という作品を同じ日、同じ時間に打ち上げようという試みがあった。日時は2014年12月12日23時。作品形式は問わず、個々の感性で作り上げられた絵や写真、曲、ダンス、カクテル、アプリ等の作品を「#話灯」というハッシュタグをつけてウェブ上にアップするというもの。

『様々な人と1つのテーマを共有し、世に発表したい』という両バンドの想いは、アルバム発売前にも関わらず多くのリスナーに広まっていた。その繋がりの連鎖が、多くの作品を世に打ち上げた。

スプリットアルバムでは両バンドが同じタイトルの曲を収録!

2月4日に発売されたスプリットアルバムには、全7曲が収録されている。うち1曲は先ほど紹介した「話灯」なのだが、この曲は両バンドのメンバー全員で演奏された曲になっており、スプリットアルバムのタイトル曲にふさわしい構成となっている。

また、他の曲は同じタイトルをそれぞれのバンドが3曲ずつ演奏している。例えば1、2曲目には「朝の会」という曲が2曲続けて収録されているが、これはjohannバージョン、Liaroid Cinemaバージョンというようになっている。同じタイトルでも曲の構成は全く違った内容になっており、各バンドの解釈の違いや特色が現れている。

両バンドのファンはもちろん、「聴いてみようかな?」と興味があった方にはうってつけの作品になっている。

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
鈴木“もぐら”悠太郎
  • 鈴木“もぐら”悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称”もぐら” ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年からは「FUJI ROCK FESTIVAL」や「朝霧JAM」といった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。 またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。