MENU

こんにちは、やえがし(@8ega4)です。もう夏もすぐそこですね。僕は普段からマスクを愛用しているのですが、夏の暑さでマスクが蒸れてしょうがないです。誰か蒸れないマスク(けど、効果のあるマスク)を開発してください!

 
さて、マスクといえば皆さんは“覆面アーティスト”と聞いたら誰を思いつきますか?僕も大好きな謎の狼バンド、MAN WITH A MISSIONって方も多いんじゃないでしょうか。しかし、彼らは覆面ではありません。彼らは「頭はオオカミ、身体は人間という外見の究極の生命体」だからです←(「゚Д゚)「ガウガウ

 
と、いうことで今回はマンウィズ以外の覆面アーティストを6組に絞って紹介してみたいと思います!

 

 

■目次

 

 

仮面女子

アリスプロジェクト所属、ジェイソンマスクの「アリス十番」、ガスマスクの「スチームガールズ」、鉄仮面の「アーマーガールズ」の3つのユニットからなる大型グループ、仮面女子。奇抜すぎる地下アイドルとして活躍し、野村監督やデヴィ夫人が応援に駆けつけるなど話題に欠かさないですね。
オフィシャルサイト⇒http://www.alice-project.biz/kamenjoshi
 

 

CTS

3人組エレクトロニック・ダンス/ポップユニット、CTS。メンバーはそれぞれ丸、三角、四角の形をしたLED搭載の特殊マスクを着けており、名前の頭文字「C」Circle(サークル)、「T」Triangle(トライアングル)、「S」Square(スクエア)から取って“CTS”だそう。
オフィシャルサイト⇒http://cts-official.com/
 

 

SLEEP PARTY PEOPLE

ウサギの覆面を被ったデンマークの首都コペンハーゲンのアンビエント・シューゲイズバンド、SLEEP PARTY PEOPLE。ライブ中もマスクを着用し正体を明かさないらしく、サウンドとビジュアルの世界観がマッチしています。動画は2012年にイギリスのレーベル“Blood and Biscuits”からの2ndアルバム『We Were Drifting On a Sad Song』から。
フェイスブック⇒https://www.facebook.com/SLEEPPARTYPEOPLE
 

 

This is Not a Business

謎の天狗集団、This is Not a Business。「オオカミの次は天狗バンド! 」と宣言しYouTubeに「WITH A MISSION」という楽曲のライブ映像を投下し話題になりました。見掛け倒しじゃない圧巻のライブパフォーマンスには思わず熱くなります。加藤小判(Vo)、否戸田雲仙(Gt)、木須利茶(Gt)、陣下須(Ba)、序鬼間(Prog)とメンバーの名前も面白い。天狗だけに、使う言葉の語尾はgood!!!
オフィシャルサイト⇒http://thisisnotabusiness.com/
 

 

TEDDY BEARS

スウェーデンの首都ストックホルム出身のエレクトロ“熊”グループ、TEDDY BEARS。元々は“SKULL”というグラインド・コア・バンドしており、後にメンバーチェンジを経たタイミングでエレキやボーコーダーに魅了され音楽的方向転換をしてTeddybearsに改名したそう。同じ熊の被りものでBEARS AND COMPANYというバンドもいるのですが、こちらはライブ中は覆面を外しているようなので割愛しました(笑)。
オフィシャルサイト⇒http://teddybearsrock.com/
 

 

リバーシブル吉岡

“リバ様” の愛称で親しまれる、尼崎が生んだ昭和ピンク歌謡界の貴公子、リバーシブル吉岡。「musicるtv」でも「これから売れそうなインディーズのアーティスト」として紹介されました。下ネタをカラオケに合わせて歌い踊り狂う唯一無二のライブパフォーマンスは一度見たら虜になること間違いなし。一緒にシンガロングしましょう!(笑)
オフィシャルサイト⇒http://www.ryanmenclub.com/
 

 

どうでしたか?覆面のインパクトに負けない音楽性も素敵!他にもBEAT CRUSADERSやSlipknotなど、挙げればキリがないですね!他にもこんな人がいるよーっていうのはツイッターなりで教えて下さい~。第二弾も気が向いたらやります~。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!