MENU

「俺らが主役」となる当夜

ROOZERが、2stアルバム『EVERGREEN』のリリースパーティを12月16日(火)に新宿MARZにて開催。対バンにuguis、memento森、the twenties、THE TEENAGE KISSERSの4組を招き、平日のイベントとは思わせないほどの盛り上がりを見せた。さらなる飛躍を感じさせる彼らのライブをレポートする。

uguis

出演バンドの中で誰よりも若いuguisがROOZERレコ発のトップを飾る。ライブの定番となってきた「隋弱を破る」で始まり、2曲目の「七人のディスコ(仮)」で4人が本性をみせる。一瞬にしてフミキ・モト ・フミゾウ(ぽ)(Dr)のテンポが変わり、それと一緒に動き出した。背中を“鶯”につつかれたかように、一歩一歩ステージに集まってくるオーディエンスがそこにはいた。

「ROOZERさんレコ発おめでとうございます」と言った臼井慎哉(Vo)に「堅い!」と一喝するフミキ。「お手本を見せる」と両手を広げ「新宿MARZ盛り上がっていこうかーい、かーい、かーい……」と、言った彼に対し一拍おいて笑いが溢れた。センチメンタルなギターが聞こえたかと思えば光の速さでかけ抜けた「アクター」に、一瞬たりとも気が抜けなかった。

会場が明るくなったと同時にニヤリとした臼井に注目が集まり、次はなにを繰り広げようか吟味しているのが伝わった。「よっしゃイケというライブをしたつもりです」と5曲目「チェブラーシカとすどちの戦い」、最後は「嗄声が終わるまで」。無邪気な彼らに、思う存分振り回され幕を閉じた。

memento森

緊張が残る会場の雰囲気を変えたのは2組目memento森。Kei Miyaji(Vo)が先陣をきって踊りだす。「-8(アクトレス)」で繰り広げられる胸に響くどこか心地いいリズムに、まだ探り探りであったオーディエンスの意識がステージへと注がれる。

そんな空気は物ともせず「遊びましょう新宿MARZ! This is memento森!」と、2曲目「eS(エス)」。サビに差し掛かり、眩しいくらい明るいライトが会場に流れ込むと、それと同時に耐えきれなくなった手のひらが、「e、e、e、oh」の声に合わせ一斉に挙がり、遊び出す。我慢できずに口ずさむ人や瞳を閉じる人、各々が好きなようにmemento森を感じていた。

判然たるメロディと小気味いいラップとダンスを魅せる「LIFE」では、オーディエンスも負けじと左右にゆれる。ROOZERにむけたオリジナルラップを入り交ぜた「foolaloop」では拳があがる。「騒げますか!?」と、敬語とは裏腹にステージ上の彼らは煽るように手招きをし、そのまま「0.02」に続く。これでもかと言わんばかりに声を張りあげ、真っ赤なライトが彼らとMARZに居る全員の感情を代弁しているかのようであった。

the twenties

「1234! ok、the twentiesですよろしく」と勇み立ってでてきたのは上半身裸のアンソニーダイナソー(Dr)。会場は「これがthe twentiesだ」と、全身で感じることの出来る異様な雰囲気に包まれていた。タカイリョウ(Vo)の「おはようございまぁ〜す」の声が響き新曲、「come‼︎」と続いた。

周りを見渡せば踊り狂うオーディエンス。もっともっと騒がせてくれと言わんばかりの忘我に、タカイは「come on!」と中指を立て叫ぶ。3曲目にも新曲を披露し、誘惑的な笑みを見せる彼から、次はどんな表情を浮かべるのかと目が離せなくなっていた。

彼らに向けられたハンドクラップと歓声をかき消すベースラインとともに「music」が披露された。求められそれに応えるようにウルマヒロユキ(Gt)が一歩前へでてくる。微動だにしない、むしろ余裕さえ含む笑みで会場を見渡し頷く彼に安心感が芽生えていた。

それまで自由に踊っていたオーディエンスが、「oh-oh-oh-」のタイミングで息ぴったりに両手を開いた「TETOLA Pot」。帽子を脱ぎ捨てたタカイからも興奮の色が見えた。最後は「激しくFire」の歌詞の通り「Fire」でthe twenties本日いちの盛り上がりをみせた。

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
ITK
  • ITK
画像はイメージキャラクターです。常にエンターテイナーでいたい東洋の代表的野菜。