MENU

出演者の組み合わせのおもしろさにも気を使ってるね。

――素朴な疑問なんですが、皆さんどうやって新しい音楽を見つけるんですか? どういう音楽の聴き方をしているかすごく気になります。

フタムラ特別変わったことはしてないよ(笑)。大体CDショップで試聴するか、お目当てのバンドのライブを見に行った時の対バンだったりとか。あとはYoutubeでひたすら関連動画をネットサーフィン(笑)。Twitterチェックしたりとか。

小宮やけど、聴く音楽はあんまりかぶらんよな~。それぞれ違ったアーティストを見つけてくる。

――そうやって見つけたアーティストをイベントに呼ぶ時って、どういう基準で声をかけてるんですか?

小宮単純にカッコいいと思った音楽、「いいな!」って思ったアーティストに声をかけてる。それだけ(笑)。

みー昔は若手と若手の間に中堅アーティストを挟んで~とか考えたりしたよね。

小宮若手と中堅を繋げたいって気持ちは常に持っている。それぞれのお客さんに新しい音楽を知って欲しいから、そういう意味では出演順は考えてる。それから、出演者の組み合わせのおもしろさにも気を使ってるね。

――今回の5周年イベントに関してはどうですか? 今までと違って女性率が高いなって思いましたけど(笑)。

小宮ゆるめるモ!は、MEZAME ROCKSという渋谷2.5Dで行われているイベントがあるんやけど、そこで知り合って今回出てもらうことになった。曲的には結構ロックだったりするのよ!

フタムラ曲がいい! 呼べて本当うれしい(笑)。

hlnaそういえば私、ムカイデちゃん(アリスムカイデ)がいること昨日(出演者発表前日)知りました……。

小宮それもMEZAME ROCKS繋がりやね。急遽お願いしてOKくれたから連絡してなかった(苦笑)。

みー今回は、今までロクヨアが活動してきてできた縁が形になったようなラインナップになったと思います。

小宮そうやな。以前出てくれたアーティストもおれば、今推したいアーティストもおるし。

ありさ特別“こんなお客さんに向けたイベント!”ってことは全くなくて、今まで通りおすすめしたいアーティストを呼べたよね。だからいろんなジャンルのお客さんが来てくれるんじゃないかなって今から楽しみ。

それこそグドモの「あっ、良い音楽ここにあります。」みたいな(笑)。

――どんなイベントになりそうです?

小宮いつもよりパーティー感が強いかな。

hlnaロックよりポップ寄りかもしれないね。私達としては全アーティスト見てほしいのだけど、今回のイベントは入退場自由だから、お客さんには自由に楽しんでほしいですね。

小宮全アーティストおすすめやから、どのタイミングで来てもらっても絶対楽しんでもらえると思う。目当てのアーティストだけでなく、それ以外のアーティストも観て聴いて楽しんでほしい。

みー私たちのおすすめをお客さんに「聴けー!」ってゴリ押すわけではなくて、それこそグドモ(グッドモーニングアメリカ)の「あっ、良い音楽ここにあります。」みたいな(笑)。「私たちのおすすめはこの方々です。あとはご自由にお楽しみください」っていう気持ちですね。

ありさ「呼んでるアーティストを聴いてもらえば気に入ってもらえる!」って自信があるからこそ、そうやって言える。

――ロックの夜明けってフタムラくんとhinaちゃんっていうDJ陣がいながら、あんまりDJをゴリ押してない気がするんですけど、それはなぜでしょう?

小宮昔、まだDJ専属メンバーがいない時にメンバー全員がDJやってた時期があって。それをやってみて俺らは違うなって思ったんだよね(苦笑)。基本はアーティストありき。でもこの中にDJを挟むことでバランスがいいなって思えたから、ちゃんとDJ出来る人にやってもらおうと。で、裏方は裏方に徹しようと。その方が動きやすいこともあるし。

hlna他のイベントに比べてメンバーが知られていないイベントなんじゃないかな。良くも悪くも(笑)。でもそれでいいと私は思うけどね。

――最後に、主宰の小宮さんは10月から福岡に行かれるとのことですが、ロクヨアは今後どうなっていきますか?

ありさ私も聞きたい(笑)。

小宮まだちゃんと話せてなかったな(笑)。俺の拠点が福岡に移るってだけかな。今もメンバーとしょっちゅう会ってるわけではないから、そんなに大きくは変わらないんじゃないかなって思ってる。今までどおり東京でも1年に1・2回はイベントしたいって思ってるし。ただ福岡でもやりたいなって思うよ。

ありさロクヨアは終わるの?

小宮終わらないよ(笑)。俺がここ(東京)にいるか、福岡にいるかの違い。

みーそれが大事なんじゃん! まだ福岡に行くって実感がないんだよな~。

フタムラ今までも毎月やってたわけじゃないし、あんまり変わらないんだじゃないかな~って楽観的に思ってる。

小宮今までどおり、おすすめのアーティストを紹介していきますよ!

まとめ

バンドはもちろん、アイドルやDJ、トークにフードまでバラエティに富んだ内容になっている今回のイベント。筆者自身、white white sistersや黒木渚といったアーティストを本イベントで知り、今でもよく聴く音楽になっている。アーティストの前知識が全くない状態でイベントに行っても、終わってみれば好きなアーティストになっている。ロックの夜明けとはそんなイベントだ。メンバーが自信を持って用意した今回のイベント、ぜひ多くの方に足を運んでほしい。

リリース情報

コンピレーション・アルバム
『ロックの夜明け COMPILATION』
NOW ON SALE
¥1,500 (税別)

[収録曲]
01. Rhycol. / 白昼夢は群青
02. バンドごっこ / 飛ばない鳥
03. ドラマチックアラスカ / 和心
04. Alaska Jam / モラトリアムコレステロール
05. HERE / アナモルフォーシス
06. white white sisters / I.D.
07. ill hiss clover / HANABI
08. the Lucy / Siren
09. She Her Her Hers / INITIALIZE
10. suzumoku / 蛹-サナギ-
11. Shiggy Jr. / Saturday night to Sunday morning
12. Any / サイレン
13. アンテナ / さよならの代わり
14. THE KEYS / Die A Little
15. Jeepta / ほころび

関連リンク

ロックの夜明け 公式サイト
ロックの夜明け 公式ツイッター
MEZAME ROCKS 公式サイト

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
鈴木“もぐら”悠太郎
  • 鈴木“もぐら”悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称”もぐら” ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年からは「FUJI ROCK FESTIVAL」や「朝霧JAM」といった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。 またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。