MENU

ロックの夜明けのこれまで、今、そして今後について訊いてみた。

[メンバー] たかはしありさ(制作)hlna(DJ)小宮大輔(主宰)フタムラヒデタカ(DJ)みー(制作)

新しいアーティストを知るキッカケができればいいなって。それだけですね。

――まずは5周年、おめでとうございます。5年って結構長い時間ですよね。始めた当初と何か変化したことはありますか?

小宮良いと思った音楽を届けたいって気持ちは変わってないかな。時代を担っていくアーティストを良いタイミングで呼ぶってことは継続してできてると思う。そのおかげか、ロックの夜明け(以下、ロクヨア)を知ってるとか、聞いたことあるって人が増えたことが純粋にうれしいね。地方の方も知ってくれてる人がいたり。

hlna普通の音楽好きの集まりなので、常にリスナー目線というか、純粋に良いと思ったアーティストを呼んでるよね。

小宮そうだね。特別変わったブッキングをしているとか、とある層を狙ってとかは全く考えてない。

――どういう想いを持って活動しているのですか?

小宮大物アーティストを呼んでイベントとしてデカくなりたいってことはないかな。もちろん、知名度は欲しいからそこは矛盾してるとこなんやけど(笑)

フタムラ自分たちがこのアーティストを呼んだ! とかそういうことが言いたいわけじゃなくて、自分たちが活動することで少しでも多くの人に新しいアーティストを知るキッカケができればいいなって。それだけですね。

小宮最終的にはロクヨアが呼んでるアーティストなら間違いないって思ってもらえること。出演するアーティストのことを知らなくても、俺らを信頼してライブに来てもらえるように頑張らなきゃいけんな。そういう人を少しずつ増やしていきたい。

みんなに対してどこか尊敬できる部分があるからかなって思うんですよね。

――よく「先見の明がある」なんて言われていますが、これについてはどう思いますか?

小宮素直に嬉しいよね。ロクヨアの公式サイトにも書いてるし(笑)。それだけ自信もってキャスティングしてる。個人的には誰が先に呼んで~とかそういうのは関係ないと思ってる。良いと思ったアーティストをみなさんに知ってもらう機会が少しでも増えるなら、この活動をしている意味があるなって思うし。

――それをロクヨアというチームでやる意味って何なんでしょう? 意思疎通とか難しくないのかなって思うんですけど。

小宮気持ちが伝わらないイライラとかはあるよ(笑)。でも人数いたほうが準備とかも楽だし、結構メンバーに言いたい放題言えてるから我慢するってこともなくて。

ありさ自己主張が強過ぎる人の集まりだし(笑)。

フタムラそういうところも受け入れられるから一緒にやれてると思う。普通だったらすぐ辞める(笑)。

小宮「やりたい!」って思ったことをただやるだけでは、うまくいかないと思っていて。そこでしっかり意見をくれるメンバーがいるから冷静になれるというか。足りない部分のフォローをしてくれるし。

ありさ少し前(小宮が)デカイ会場でやりたいとか言い出してね。勝手にやれよって思いました(笑)。

hlna久しぶりに電卓叩いて全力で止めましたけど(苦笑)。

ありさでも私。加入して2年ですけど、飽きっぽい私がこんなわがままな集団で2年も一緒にやれてるのは、みんなに対してどこか尊敬できる部分があるからかなって思うんですよね。

一同ありさーーーーーーー(大拍手)。

小宮なんか…喧嘩できるっていいよね(照れ)。言いたいこと言い合えるってことやもんな。

みー色々ぶつかって「なんだよ!!」って思うこともあるけど、イベントの本番がダントツに楽しいから、がんばろうって思えます。

Rhycol.は、聴いた瞬間「1曲目だ!」って思えた。

――では、そろそろCDの話を聞かせてください。今回収録されているアーティストは、どういう基準で選んでるんですか?

小宮出演回数ってのはひとつの基準ではあった。あとはイベント出演後の関係性かな。

――Rhycol.とthe Lucyは新曲が収録されていますね。両バンドはロクヨアとの中も深いですもんね。

小宮たまたまレコーディングしてた時期と重なったっていうだけなんやけど、やっぱりうれしいね!

みー愛を感じます!!

――曲順はどうやって決まったんですか?

みーDJの2人が決めてくれました。

hlna曲順は、今までの関係性などは考えずに、純粋に曲を聴いて考えました。

フタムラ1枚を通じて起承転結を意識したいなって想いがあって。Rhycol.は、聴いて瞬間「1曲目だ!」って思えた。

小宮ロクヨアの今までが詰まったCDになってるから、本当いろんな人に聴いてほしいな。

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
鈴木“もぐら”悠太郎
  • 鈴木“もぐら”悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称”もぐら” ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年からは「FUJI ROCK FESTIVAL」や「朝霧JAM」といった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。 またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。