MENU

Cuckoo(クーク)大島×ショージロージュニア真昼ミニ対談

[メンバー] 大島健太郎(Vo/Gt)from Cuckoo(クーク)(写真中央右)真昼(Vo/Gt)from ショージロージュニア(写真中央左)

Cuckoo(クーク)とショージロージュニアの出会い

――Cuckoo(クーク)(以下、クーク)とショージロージュニア(以下、ショージロー)が出会ったきっかけは覚えてますか?

大島真昼めっちゃ覚えてますよ!

大島2011年12月に、吉祥寺WARPでクークとショージロー、あとカモシカプールがワンマンをして。

真昼その3バンドのワンマンがそれぞれいい感じやったから、店長のレオナさんが「こいつらで3マンやったらええやん」って対バンの話をくれたんです。お互い全然面識なかったんですけど。

大島レオナさんが3マンの前に飲み会を開いてくれたのが最初の出会いだよね。そのあとクークが『ランバージャック』っていうCDのリリースパーティにショージローを呼んで、また対バンすることができたんだよ。

※最初の出会い

――お互いの第一印象は特に覚えてない?

大島うーん……、そういえば飲み会の前にショージローのライブを観に行った気がする。

真昼そのとき話した?

大島ひと言ふた言くらい。「今度よろしくお願いします」って。

真昼それ、ひと言やん(笑)。あ、「今度」で1回切ってる?

大島(笑)。当時、「バク」っていう曲のMVを推してて、それを観てすげえって思ったのが最初のショージローの印象かな。あの曲自体もそうだけど、MVのクオリティもすごく高い。このバンドと3マンかあ、って思った記憶がある。

真昼実際に会ってみたらどうだった?

大島会ってみたら、滑舌の悪い人たちだな~と(笑)。

真昼たち? 全員?(笑)

――じゃあ、徐々に仲良くなっていったという感じですかね。

大島そうだね……。でも、徐々(ジョジョ)かもわかんないくらい、気づいたらこんなに喋るようになってたわ。

真昼奇妙な冒険やったな。

大島真昼(笑)&ツッコミ

――2013年には共同企画“月夜の音楽会”もやってましたよね。あれはどういうきっかけで始まったんですか?

大島智啓くん(ショージロー Ba/Vo)と話したときに、音楽っていうものの捉え方が一緒だなって思ったのがきっかけ。音楽性は同じではないけど、真ん中にある“歌を大事にしたい”っていう部分がね。ショージローって、ライブのリハを超こだわるの。歌をちゃんと聴こえるようにやっている感じが俺は好きなんだよね。

真昼ありがとな!

大島滑舌悪いから歌詞がちゃんと聴こえないけどね。

真昼ダメ出し(笑)。上げて落とすね。

――真昼さんは今の話を受けてどうですか?

真昼クークって、パッと聴いたときの印象として“前衛的でダンサブルなロック”っていうイメージが強いと思うんですよ。でも、今回のシングルに入る「juvenile」という曲をじっくり聴いたときに、“小さいときの、大人になったら忘れていくような気持ちを大切にしたい”っていうバンドの根底に流れている思いが俺らと同じやなってすごく感じました。

大島……まーひー(真昼)がそうやって思ってくれてるなんて初めて知ったわ。

真昼照れんな!(ツッコミ)

大島ちょっと照れるね(笑)。そっか、うれしいな。

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
松井 恵梨菜
  • 松井 恵梨菜
本業である音楽関係の雑誌編集に忙殺されながらも、ライターを目指して勉強中。"ETERNAL ROCK CITY.2012"オフィシャルライターなどの経験あり。難しい評論ではなく、心に伝わる文章が書けるようになりたいです。通称"ぴよ"。