MENU

リコチェットマイガールが、新曲「25時過ぎに君と見た海は」のMVを公開した。

このMこの、稲荷直史(Vo/key)が監督とディレクション、そして主演を担当。今作のバンド演奏シーンは楽器を持たず、“エア楽器隊”として稲荷本人が全パートのエア演奏を担当。さらには女装姿の稲荷直史が「女優」として登場する、今までにない仕上がりとなっている。

楽曲は、本日6月21日(水)よりiTunes Store等で購入、視聴が可能となっている。発売元は自主レーベル「スローハイツ」。今回のMVも、同レーベル名義のYouTubeチャンネルより公開されている。

バンドとしては昨年7月の『東京/skirt!』以来、ソロ体制後初めてのリリースとなるほか、サポートメンバーには仙台のバンド・アンテナのギタリスト池田晃一、arko lemming等で活躍する有島コレスケ、また以前からサポートメンバーとして加わっている大内岳(Dr)が演奏に参加している。

稲荷直史(Vo/Key)コメント

MUSIC VIDEO作りました。いたって真面目です。やりたいことがたくさんできてよかったけど、難しかった。餅は餅屋。でもまた絶対に挑戦したいなと思ってます。25時過ぎに君と見た海は、音と映像とで楽しんでもらえたら嬉しいです。

リコチェットマイガール / 「25時過ぎに君と見た海は」

リリース情報

配信限定シングル『25時過ぎに君と見た海は』
NOW ON SALE
¥250(税込)

[収録曲]
01. 25時過ぎに君と見た海は

関連リンク

リコチェットマイガール公式サイト
リコチェットマイガール公式Twitter
稲荷直史公式Twitter

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!