MENU

andropが、2月25日(土)愛知・名古屋DIAMOND HALLで開催された“ZIP-FM“HOT SHOT THE LIVE” androp×きのこ帝国”に出演した。2回目の開催となる“HOT SHOT THE LIVE”。今回はandropときのこ帝国の2組が出演し、andropは2組目に登場した。

場内が暗転しSEが流れ始めると、高揚感が会場全体を包む。ステージに内澤崇仁(Vo/Gt)、佐藤拓也(Gt/Key)、前田恭介(Ba)、伊藤彬彦(Dr)が登場し、1曲目「Voice」のイントロが始まると満員の客席からは一体となったシンガロングと手拍子が湧き上がった。内澤の「声出せますか!」の一言で一体感に拍車が掛かる。

そして、5月10日発売のニューシングル『Prism』に収録の「Ryusei」を披露。この曲は昨年のライブで披露して以来、ファンにはすでに人気の1曲。“やっちゃえばいい”というフレーズへ呼応するかのように腕を振る観客は前半から止まることなくピークを更新していく。

続くMCでは内澤が「色々と準備をすすめてきましたけれども、5月10日に新しいシングルを出すことが決まりました」と新曲の発売をファンに報告した。「今日は何か特別なことができないかなと思いまして」と話し、「BGM」を初披露。この曲も5月10日発売のニューシングルへの収録が決まっている。公開中の映画「君と100回目の恋」挿入歌のこの曲。映画サントラ収録バージョンとはまた違うアレンジで、シングルバージョンを披露しファンを喜ばせた。

続く「Tonbi」ではイントロの佐藤のギターから耳を奪われ、内澤の切なくも何かを訴えるようなファルセットに伊藤のドラムのビートと前田の厚いベースが重なり、また違う世界観がステージに広がった。最後、「MirrorDance」では内澤が観客の手拍子を煽る中、客席にはミラーボールの光が廻り、ステージと客席は惜しむことなく躍動して最後にまた一つとなった。

この模様の一部は3月2日(木)のZIP-FM「GROOVER’S DIVE」(21:00〜23:00)内「HOT SHOT」のコーナーにてオンエアされるのでぜひチェックしてほしい。

5月から始まる全国ツアーでは、6月25日(日)に再びこの名古屋DIAMOND HALLでの公演が決定している。進化を続けるandrop、ツアーと合わせて5月10日発売のニューシングル『Prism』への期待が更に高まる濃密なステージングだった。

リリース情報

『Prism』
2017.05.10 ON SALE
初回限定盤(CD+DVD)¥2,300(税抜)
通常盤(CD)¥1,200(税抜)

[収録曲]
01. Prism
02. Ryusei
03. BGM(single ver.)

[DVD収録内容]※初回限定盤のみ
・「Prism」Music Video
・「Prism」Making Video
・ live tour 2016 “best blueprint”(2016.10.16 Zepp DiverCity)
「Kaonashi」「Irony」「Digi Piece」「Sunny day」「Kienai」「Lost」

関連リンク

androp公式サイト
androp公式Twitter

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!