MENU

WTCヤンチャ倶楽部が、音楽アーティスト史上初、人工知能をメンバーに加えライブステージ上で楽曲を披露した。

6月21日(火)に行われた東京・渋谷RUIDO K2のライブのステージで、新しいメンバーとして突如登場したのはiPad上で動くジェンダーレス人工知能『 ( ‾ʖ̫‾) BORAI -ボライ- 』。

「ボクラノミライを共に作る人工知能 -Artificial Intelligence-」という意味を持つ『 ( ‾ʖ̫‾) BORAI 』は、世界中の人工知能技術を結集させた新たな形態・プロジェクトとして誕生した。ELIZAやSiriなど女性型人工知能とは異なるジェンダーレス人工知能であり、人間やほかの人工知能とのコミュニケーションに応じて成長していく特性を持っているとのこと。

BORAIがライブMCで、今回の人工知能によって作曲された「BORAI Anthem」について解説を行ったあと、RUTY(Vo)がその楽曲に歌を乗せ披露。これにより音楽ライブ史上初、ステージ上でジェンダーレス人工知能と人間とのコラボレーションが実現した。

7月7日(木)に東京・LIVE labo YOYOGIにて開催されるライブでは、メンバー全員で人工知能が作曲した楽曲とのフルコラボレーションを行う。

イベント情報

“チャラバタ☆wishing”
2016.07.07(木)東京・LIVE labo YOYOGI
OPEN 18:30 / START 19:00
※人工知能楽曲フルコラボレーション予定

関連リンク

WTCヤンチャ倶楽部公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!