MENU

パブリック娘。が、7月6日(水)にリリースする1stフルアルバム『初恋とはなんぞや』の詳細とトレーラー映像を公開した。

先行で急遽販売されたEPは一週間と経たずに完売し、遅れてきたデビュー作への期待度が高まっている。そんなパブリック娘。のアルバムがいち早く聴きたい方のために、アルバム全曲を聴くことができるリスニングパーティが6月22日(水)に開催される。

また、アルバムリリースに寄せて彼らと親しい仲間たちからのコメントも届いている。

パブリック娘。 / 『初恋とはなんぞや』トレーラー

木津毅(ライター)

ねえ、男子ってなんでこんな感じなの?
鬱屈したこの国の片隅で繰り広げられるパーティがこんなにも楽しいのなら、夏と夜と音楽を諦めるにはまだ早すぎる。

竹内正太郎(ライター)

誰に頼まれたわけでもない、
いつ終わってもまったく不思議ではない、
しかし回り続ける大喜利的なマイク・リレーに身を預けていると、終わったはずの夏がまたムクムクと蘇ってくるようで悔しい。
韻の固さも恋愛観もまったく異なる彼ら3MCにとって、そのマイクは誰かに託されたものでも、誰かから奪い取ったものでもないのだろう。
終わってくれないのか、終わらせたくないのか、分からないが、とにかくまた夏は来て、マイクは回ってる。
このパーティー、抜け出すにはまだ惜しい。

渡賀レイチェル(chelmico)

いっつも聴いてるよ♡
パブリック娘。大好き♡
レイチェル

鈴木真海子(chelmico)

ジーニアスボーイズ…アメイジング…ラブリー…

高橋良(CBS / ピスタチオスタジオ)

アルバムリリースおめでとうございます。数年前、DJの%Cから「パブリック娘が面白い。」と聞き、その得体の知れないグループ名に恐怖を覚えました。初期大学生編から社会人編に突入し、壮年女性となった今もそしてこれからも変わらずキッズ全開なパブリック娘。でよろしくお願いいたします。

ノルオブ(NXNG / JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB)

パブリック娘。は、いつだってリアル。
というかバカ正直で、隠さないしウソをつかない。
このアルバムで、ラップしてることは、文園太郎、斎藤辰也、清水大輔の人生そのものだ。
生まれ育ちがハードなわけでも、幾多の修羅場をくぐってきたわけでもない。ただただ、日々の生活に悩んだり、女の子をナンパしたり、朝まで友達と遊んでいる。そんな普通の日常をこの3人が歌うと、途端に魅力的な日常に思えてくる。
僕は彼らがきっかけで、マイクを握ったので、このアルバムを聞いてマイクを握ろうと思える人が沢山いるといいな。

リリース情報

『初恋とはなんぞや』
2016.07.06 ON SALE
¥2,200(税抜)

[収録曲]
01. 初恋とはなんぞや
02. 25mプール
03. Summer City
04. おつかれサマー
05. このままこの電車に乗って
06. DATE
07. 2nd Hotel
08. おちんぎんちょうだい
09. そんなことより早く、このパーティーを抜け出さない? feat. 森心言
10. 寄せては返す俺のアティチュード
11. 俺の誕生日
12. そんなことより早く、このパーティーから連れ出して。 feat. あまえん

関連リンク

PORT by riversidemarket
パブリック娘。『初恋とはなんぞや』リスニングパーティー

2016.06.22(水)表参道Antenna<>WIRED CAFE(COMMUNE246内)
START 19:00 / CLOSE 22:00
[DJ]
TOSHIKI HAYASHI / %C / and more
※エントランスフリー
※店内ワンオーダー制

詳細は追って、Twitter・Instagram共に @rvrsdmrkt_info にて発表される。

関連リンク

パブリック娘。公式Twitter

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!