MENU

karashigoroshiが、2016年初夏にリリースする初のアルバム『自戒とともに』のリリースプロジェクトとして「子供たちへのうた」のMVを公開した。

karashigoroshiは、1年半前に解散した「カラシゴロシ」のキーマン、堀田興樹のソロプロジェクト。今回のMVは、神奈川県横浜市保土ヶ谷区・和田町商店街の協力のもと、シニア層の演者と若者が楽器演奏やダンスをしている様子を撮影した。

また、リリースプロジェクトの一環として、リードトラック「サイン」も公開中。

堀田興樹 コメント

〈子供たちへのうた〉は、前提として、最近子どもっぽさやある種の純粋さを失いつつある大人が多くなってきているなと漠然と感じていたことがそもそもの始まりでした。そんな、疲弊しきった現代に生きる大人たちへ向けた、『もっと〈ワクワク〉に忠実に生きたってかまわない』という、僕なりの問題提起やエールがテーマです。この曲で、プレッシャーに潰され続けてるあなたの中の子どもが溌剌と笑い出すことを願っています。

皆様ズパラダイス コメント

最初に聴いたとき、2016年の〈大人になれば〉なのかなと感じたのを覚えています。大人である自分を肯定しつつも、無垢で在り続けることを引き受けるかのような、強度の高い痛快ウキウキポップスだと思います。映像に関しては和田町商店街の皆さまはじめ、ご出演の方々の協力が無ければ実現しませんでした。「おじいちゃんと騒ぎたい」「変な踊りをみんなで踊りたい」といった僕らの悪ふざけにニコニコ楽しそうに加担してくださった皆さまには感謝しかありません。 今度飲みましょう。

karashigoroshi / 「子供たちへのうた」

karashigoroshi / 「サイン(short ver)」

関連リンク

karashigoroshi公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!